スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンディディのお隣さん、エリザベ水槽では・・・。

02-10,2014

昨日、トリミングして植え替えようと思っていたトニナ水槽ですが、
思いがけずの産卵で断念したいきさつを書きました。

頭の中ではカッコ良く出来上がっていた図が描かれていたため、
未練がましく「うーむ」としばらく眺めておりました。

だって、今の45センチトニナ水槽、単にズボズボ植えただけで、
何の面白みもないんですよね。

環境作りの面では事足りるのですが、やはりそれだけではつまらない。
ひとつの風景を現してみたかったのです。

すっごく素敵な水景ができたはずだったんだけどなぁ~。
惜しかったなぁ~。

で、ふとお隣さんを見ると、何やら怖い顔のお方がビュン!
と飛び出てきては奥に引っ込んでいきます。

黄色い。
黄色いぞ。
ははん、さては?

なぁに・・・
DSC_5689.jpg

・・・よ?
DSC_5688.jpg

こ、怖い(汗)。
迫力あるガン飛ばしです、エリザベ奥様!

こんな風に45センチが2本並んでいます
(調和とか無視の実用本位)。
左のエリザベ家フィルター下奥で、ピリピリしている状況です。
DSC_5708.jpg

時々無防備にほよよ~んと泳いで行ったらしき子が、
ドキューン!と前面にすっ飛ばされて出てきます。

ここには、エリザベF1(父親は、故ブルメタギラリくん)が何匹か入っています。
お互いにフィンスプして威嚇し合うお年頃になりました。
いろいろ不細工なので見せません(笑)。

♂3号くんは、気ままに過ごしているように見えます。
DSC_5697.jpg

この子は何度も父親になり損ねている。
なれるのか?
いつかは父親になれるのか??
DSC_5714.jpg

立て続けにコケっ放しのエリザベ(と言うか他のもコケてますが)、
この時のようなワラワラを、もう一度見たい!

母親は同じ子です。
体格が良くて、何度も産んでくれる偉い子です。

あの様子、産んだ・・・んだよね?
見えないけど。

いつも通り過度の期待をせず、
1週間後に訪れるであろう淡い喜びを胸にそっと抱いて、
一人ニマニマするのが、アピスト飼い。

やはり暗い趣味なのかな~。
あはは♪

おまけ:本日の、欲張りさん。
DSC_5731.jpg

そんなに近くで見ないで~。
んぐんぐ。
DSC_5730.jpg

嫁ちゃん、ケタオにはかけらもやりませんでしたとさ。
アドケタの世界はキビシイのだ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ 増えても困るけど、増えるのは嬉しい~♪ぽち。
にほんブログ村

次、に向けて動きました。

01-29,2014

96個の卵から、確認できた稚魚は4匹(笑)、
という面白すぎるエリザベサエ水槽に、ちょっと手を入れました。

お母さん黄色かったけど。
DSC_5238.jpg

またココナッツに潜ったりしていたけど。
DSC_5245.jpg

3つ子ビンデンの後は4つ子エリザベでは、シャレになりません(笑)。
水槽を見ると、水の流れている様子がないに近く、
フィルター詰まってる感がハンパなかったので、スポンジを洗ってしまいました。

どんなに私がものぐさでも、あそこまで水が動いていないと、
さすがに手を出さずにいられませんでした。

こんな風だったエリザベ家。
DSC_5249.jpg

こうなりました。
DSC_5325.jpg

ほぼ変わっていない(笑)。
でも、右側を空け気味にしたのです。
ちょっとメリハリを付けたかったから。

レイアウトは全く考えていないのですが、
水の流れはかなり良くなりました。
エリザベたち、ヒレがたなびいています。

木登り稚魚とお母さん。
思い出に。
DSC_5257.jpg

ビンデン3つ子ちゃんも、育っておりますよ。
DSC_5282.jpg

この、おチビ特有の胡麻塩模様がまた、可愛いんですよねぇ♪


おまけ:本日の、くわえタバコじゃありません。
DSC_5264.jpg

口の中がミナミでいっぱいなのに、目の前にヤマトを発見して固まっている♀ちゃんです。
「!」
DSC_5266.jpg

ケタオの方が小さいからね、譲ってやってね。
「♪~」
DSC_5276.jpg

アドケタって、動かない相手はよく見えないようですね。
ヤマトが目の前にいても、じっとしていると全く気付きません。
見ていて面白いやらじれったいやら、でした。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ またパパになり損ねた!
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

これはもう、「次!」確定の浮上。

01-25,2014

そろそろ今日あたり・・・と思って帰宅しました。
そうです、エリザベサエの稚魚浮上です。

ただいま~と早速水槽を見る。
昨日までココナッツシェルターにこもりきりだった♀ちゃん、
真っ黄色の姿で外に出ています。

鮮やか婚姻色。
DSC_5196.jpg

ここから、もっとオレンジ色に変わっていくはずです。
DSC_5198.jpg

ちょっと凄んでみました(笑)。
DSC_5206.jpg

んー、しかし?
おチビ見えないんですけど?

シェルター内部の稚魚がとても少なかったので、
ワラワラは期待できないとわかっていました。

いったい何匹出てきたんだろう、あはは。
三つ子の次は、さて?

お、見えました。
DSC_5197.jpg

2匹はいますね(笑)。
DSC_5208.jpg

実際は、さすがに双子ちゃんと言うことはなく、もっといます。
んでも少ないわ~。
96個の卵のうち、浮上したのは10分の1くらいではなかろうか。

すごく成績悪し。
夏の日の夢は復活しなかったよぉ~。

本当に下降状態にある水槽なら、このまま稚魚は消える方向でしょう。
しばらく放置します。

なんだか笑える浮上が続きますなぁ。
あ、ナイスニィは孵化まで至りませんでしたっけ(笑)。

ボレリィ鬼子の6つの卵もどうなります事やら。
本当に、アピストは面白いですねっ!

インドからお越しのtaketatuさん、懺悔ネタ、バッチリ仕込みましたです。
ご帰国を楽しみにお待ちしておりまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ パパでーす。ぽち♪
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

産卵エリザベ、喧嘩ボレリィ、それぞれのその後。

01-20,2014

改造ココナッツシェルターに96個の卵を産み付けたエリザベサエです。
もう何度目の産卵になるのだろう?
よくわからない・・・アバウトな性格なのです。

記録する、良かった時の水槽を憶えておく、
こうしたことは大事なんですけどね、つい、その・・・ね。

ライト点灯前にシェルターを覗いてみると、
お母さんが孵化した稚魚をハミハミペッペしているのが目に入りました。

底床材ではありません。
おチビをパフパフしてはペッと出しています。

特に場所の移動が目的ではなく、
口に含んで出すことに意味があるらしい。

面白いな。
この行為がどう作用して、稚魚に良い影響を与えるのだろう?
これをしないで育つと、どうなっちゃうんだろう?

興味は尽きません。

すぐに親から離して人工飼育をすると、
稚魚たちはひとところに固まって動かず、
ちゃんとした発育ができなくなると聞きました。

親が促して泳がせて初めて、
立派なアピスト人生(いや魚生(笑))を歩める(違う、泳ぎ渡って行ける、だな)、
と言うわけです。

プラティやモーリーは産みっぱなしに見えましたけど、
と言うか、食べていましたけど(汗)、
アピストは知的活動が何段階も上で、
そこがまたたまらない魅力です。

んで~、お母さんは嫌でしょうけど照らしちゃいました。
まぁ自然界でもいろいろな危機はあるしね。
懐中電灯の照射はないと思いますが。


やはり、ムッとしております(笑)。
DSC_4834.jpg

黄色くなってみたり。
DSC_4845.jpg

パフパフ中です。
DSC_4872.jpg

おなじみのぷにぷに稚魚さん。
DSC_4878.jpg

寄ってみました。
シッポはあるけど目はない。
妙な生き物です。
DSC_4880.jpg

これがあの美しい(と期待したい)エリザベサエになっていくんだよねぇ。
不思議だわ。
素敵だわ~。

96個の卵に比して、非常に少ない稚魚しか見えませんが、
これはおそらく、孵化と言うのは徐々に行われるものなのでしょう。

そう思っておきます。
もしこれで全部だったら、膝から落ちそうです(笑)。

ビンデン三つ子の次はエリザベ五つ子ちゃんでした、なんて、
ちょっとシャレになりません~。

点灯後は出てきてパトロールもしています。
DSC_4821.jpg

♂君も、警戒オーラ発しつつ周囲を回っていますが、
時々♀ちゃんにひっぱたかれています(泣)。
DSC_4827.jpg

それから、バトルフィールドと化してしまったボレリィF1水槽は、
1ペアを残して玄関水槽に引き上げました。

一番威張っていた♂くん。
尾びれに寄生虫・・・だと思う・・・。
DSC_4858.jpg

成長と共に虫も大きくなってきたので、
先日意を決して除去にトライしました。

ドキドキしながらやったんだけど、水槽に放ったら、
何か残ってるし(泣)。
全部取りきれなかったようです(泣)。

♀はすくい易いのからすくっていって、残ったのがこの子。
DSC_4864.jpg

幸か不幸か、鬼子ちゃんだったらしく(笑)、
♂くんアプローチするもバシッとやられて、
はい、隅っこ。
DSC_4855.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ 楽しいな~、ぽち。
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

今度はエリザベ来た~。

01-17,2014

トゥッカーノのエリザベサエです。

プラケの中のべージュ色から5匹自分で抜き、
♂5!とか♂4♀1!とかの声をちょうだいしながら育て、
見事♂3♀2だった子たちです。

えっへん。
ちょっと威張っていいんですよこれ(笑)。

但し、5匹中2匹について、魚の方から網に入ってきたという事実は内緒です。
来たがった子を連れてきたのです。
本当です。

♂君たちは美しかったのですが、まず2号くんがやられ、
次はブルメタギラギラの1号くんが弱って死んでしまい
(ちょっとだけ子孫は残した)、
今いるのが3号くんと二匹の♀ちゃんです。

メスを落とすと終わりなので、とにかく大事にしてきました。
45センチに入れていますが、♀1匹はM水槽でVIP待遇です。

稚魚が増えて水槽を空ける必要があり、♀2匹を同居させることにしました。
一番怖いのが、♀同士の激しいバトル勃発、そして1匹お星様・・・と言うシナリオでした。

実際、マクマスの時は噛み付き合いの大喧嘩になりましたので。
あれはすごかったわ(汗)。

心配なので、お師匠様に質問。
メス2匹どうでしょう?

「男としちゃ最高だ( ̄▽ ̄)」

・・・そういう事を聞いてるんじゃなくて~(笑)。

まぁいいや、やってみよう。
ふむ、案外大丈夫でした。

でも、1匹痩せてきてしまったので、また1匹にして太らせ計画中です。
痩せちゃった子を見ていると、ブラインを吐き出すんですよね。

これはどういう事なんだろう?
全部ペッとするわけではないのですが、えり好みしています。

だから痩せるんだよ~。
何でも好き嫌いせず食べるんだ~!

って言うか、全部ブラインなんですけど・・・?

痩せちゃった子の方が、頬の赤が濃くてきれいなのです。
でも、♂君はグラマー好みだったようです(笑)。
いつももう1匹のふっくらちゃんを追いかけていました。

そして今日。
潜ってる。
ぬお~~んと出てくる。
スッと入る。

来てます。

産んだ場所は、改良版ココナッツシェルターです。
高さがありすぎて良くない(by師匠)
とアドバイスもらって、ペンチで切りました。
DSC_4780.jpg


アピストは、セマセマとくぐって入り込むくらいが好きですよね。
そして逆さまになって産みます。

シェルターが高すぎると、壁やガラス面に産むような感じになって、
あまり宜しくないのだそうです。

今回産んだ♀ちゃんは、夏に108個産んだ子です。
ワラワラ浮上して壮観でしたが、
タイミング悪く私が留守で夫在宅の憂き目にあい・・・
30度超えの高水温で消滅(泣)。

消えても、まぁ次があるさ~、と思えるのですが、
この時はさすがに落胆しました。
だってエリザベなんだもん・・・簡単じゃないのよ・・・ね。

んで、今回はどうだ!
いざ!
DSC_4748.jpg

なんかえらく遠く離れた卵があるなぁ。
何でしょこりゃ。

点々打ちしました。
DSC_4748 (2)

96個!
うわ~3桁行かなかったぁ。

惜しかったな。
四捨五入なら行った(笑)。

お母さん。
エリザベは、産んでしばらくしてから婚姻色になります。
まだですね。
DSC_4775.jpg

お父さん。
何度も空振りしている3号くん。
今度はどうかね(笑)。
DSC_4778.jpg

おさらい。
「過度の期待なく」。

は~い(笑)。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ 俺の子よ。ぽち♪
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。