スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アピストのメスを買おうかな、と思った

10-07,2011

あぴたもあぴこもオス同士であることに気づかない私は、


多分相性が悪いのだろうと思いました。


相手を変えると、すぐに産卵した、なんて話もウェブ上にあります。



メスをもう1匹入れてみよう。


池袋東武のアクアハウスに行きました。


ここは、あぴたとあぴこの故郷なのです。



余談ですが、アクアハウスさんにはお世話になっています。


がんがん生まれるピンテールプラティの稚魚を、


引き取っていただいているのです。



東武に、尾びれの真ん中が長いプラティがいたら、


我が家で生まれたものかもしれません(^m^*)。


ここは可愛がってくれるので、安心です。



さて、アクアハウスの店内をぐるっと見回ります。


爬虫類とか、ハリネズミもいたりして楽しい。


ハイズリモノも大丈夫ですよ。



しかし、店内を良く見ても、アピストがいません。


どうしたんだろう。



お店の方に尋ねると、


「地震で流れてしまいました・・・。


 かわいそうに」



おお・・・(ノ_・、) シクシク


9階ですもんね・・・揺れたのでしょうね・・・。



棚の水槽は、ほとんどダメだったそうです。


辛い話です。



そんな話を聞いて、


ウチのアピスト、絶対に繁殖させよう!と思ったのでした。


兄弟たちの分も生きるんだ。



アピストグラマ・マクマステリ・レッドと熱帯魚-暑い・・・ 夏ばて?のあぴたくん。


節電だけどエアコン稼動、扇風機で水面に風を送っていました。


28度より上には行かなかったはず。

関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。