スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雌雄を決する方法

04-17,2013

戦うわけではありません。

文字通り、♂か♀か、はっきりさせるお話です。


エリザベは頭が良いアピストです。

ちょっとすごいと思いますね。


まず、隠れるのが驚異的にうまい。

トニナの水槽に入れたら最後、すくうにはレイアウト変更を伴います。


抜かずにすくうのは、まず不可能です。

私の腕のせいもあるのは承知しておりますが。


「消える」のです。

本当に、いなくなります。


ほとんどトニナがない状態になっても、見えません。

ソイルに潜みます。

あれはもうお見事です。


そしてまた、オスとメスの見分けが大変に困難な種類です。

「エリザベは産むまでわからない」なんて言われます。


すごいと思うのは、メスのふりをするオスがいるということです。

何のため?

趣味ですか?

いやいやお魚ですから違います。


それは、「身を守る」ためなのですね。


アピストは縄張りを主張します。

他のアピに出会ったら、初対面ではフィンスプ。

オレが一番よ!と認めさせるまで威嚇します。


でも、序列が決まってしまったら、もうフィンスプはしてくれないのです。

悠然と真ん中あたりを支配して、自分のエリアに入り込んで来たヤツは、

バシッと行く。


それが一番強いオスの行動です。

強いオスは大きい・美しいを兼ね備えています。


強いから美しいのか、美しいから強いのか?

多分両方。


エリザベに限らず、威張らせるときれいになるというのが興味深いです。

こういうところがアピストの魅力の一つですね。


2番手以降に甘んじた♂は、遠慮しながら水槽で暮らすわけですが、

小さい個体は、「バシッ」を避けるためにメスを装ったりするのだそうです。


色出さず、地味に。

ヒレ伸ばさず、縮こまって。

勿論尾びれは丸いまま。


オスだとばれたら、ガンガンやられたりしますのでね。

ただ、そのうち「我慢できずに(笑)」、腹びれが伸びてきてしまうそうなのですが。


さて。

我が家の疑惑の個体です。


こいつ。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-派手♀


尾びれはメスっぽい。

しかし体系がオスっぽい。

色は派手で、これまたオスっぽい・・・。


さあどっちだ?


背びれはまだ尖っていません。

でも、かなりグレーだとのご意見を頂戴しております。


オスの要素を抑えているのだとしたら、

それを解放してやれば、わかるのですね。


単独にして1週間したら、はっきりするそうです。


ああ~伸び伸び!、ヒレも伸ばすし、ライヤーも出すぞ~

ってなるのね・・・ふむ。


やれないことはないのですが、あえてやらないでもいいかな。

やってみると面白そうですが。

変化を見たい気もしますね。

でもこのまま様子を見ます。


ビンデンなどはとにかく可愛くて、できうるならばキュッとハグしたい感覚なのですが、

エリザベって、ただ可愛いって感じじゃないんですよね。


大げさな表現だけど、神秘性がある。

不思議なベールの向こうにいる子。

難しくてきれいで、やっぱりちょっと特別なんだなぁ。



アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♂



アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♀
ここまでくれば、はっきりわかります。


おまけ:本日の、これも♂ですよね?
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♂ウィル

意地悪お師匠様に、メスばっかりのウィルヘルミー捨てなさい( ̄ー ̄)と言われましたが。
これは♂でしょう?


もひとつおまけ:またビンデンか~。

おチビがしっかりしてきました。もう大丈夫だと思います。

このお母さんは偉くて、お父さんのヒレは全く傷んでいません。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ビンデン子


ひげゴケがふさふさと見事なのは、このお方が働かないからです(笑)。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-働かない

まだ子供なんですね、きっと。

でもねー、よく働くくらいになると、大きすぎるのが難点です。


「大きなお世話!」by フライングフォックス


そうですよね。

アピスト水槽でコケ食べるために生まれてきたんじゃないもんね。


いいのよ、それで。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  みんないい子、ぽちぽち
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね
関連記事

COMMENT

アピスタさんどうもです。

「隠れるのがうまい」
これ私はアガシジィのメスで経験しました。

ずいぶん前に飼っていたアガシジィの話ですが、もう、絶対に発見できないようなレベルで隠れてました(笑)。

子供も大興奮して、「こんなん絶対みつけられへんやん」と連呼してました。

水槽のなかにあった、流木やスポンジフィルターを全部ぬいてやっと「いたかぁ」という感じでしたが、そして、そのメス、実は、その後、メスの姿をした雄だったことが発覚(笑)。

今のところ、唯一、産卵に至らなかったアピストがこのペアです。
2013/04/18(木) 00:41:33 |URL|g-avi #79D/WHSg [EDIT]
疑惑の個体。。。たしかにオスになってもよさそうな個体ですね。
グレーゾーン(笑)
うちにも疑惑個体がいますが、うちのはオスだと思ってます(汗)
アピスタさんのところはメスだといいですね!

画像のウィルヘルミーはメスではないでしょうか~?
2013/04/18(木) 01:55:22 |URL|apisto_gallery #79D/WHSg [EDIT]
前のアピスタさんの記事以来、うちのエリザベのメスと思っている固体が俄然オスに見えてきて、不安な今日この頃です。
オス・メスを分けて仕掛けてやろうと思うのですが、その途端に雌雄が決してしまうようで・・。
でも、前に進むためにはやらんとイカンですね。答えは一週間後か・・。
2013/04/18(木) 02:18:06 |URL|taketatu #79D/WHSg [EDIT]
>g-aviさん
アガシジィは飼った事がないアピストです。
オレンジ色で派手なイメージでしたが、実はバリエーション豊富なんですよね。
やはり忍者ですか。しかもオネェでしたか~(笑)。
私の初アピストが、♂♂ペアでした(笑)。
初心者ゆえわからず、威嚇をアプローチだと思い込んでかわいそうなことをしました。
2013/04/18(木) 08:42:32 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
>apisto_galleryさん
わぁ(汗)。やはり♂になりますかねぇ。
仕方ない、受け入れるしかありません。
ウィルへルミー♀ですか!?
色がでてきたので♂だとばかり思っていましたが、♀ですか(汗)。
また師匠に笑われる(泣)。
2013/04/18(木) 08:44:32 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
>taketatuさん
去年のことを思い出します。
もう絶対♀!と思っていた子が・・・あれれ、背びれが尖ってきましたよ♪って、一度ならず・・・。
taketatuさん、単独で一週間作戦、実践なさいますか?
レポして下さったら興味深い記録になりそうですね!
2013/04/18(木) 08:46:52 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
こんにちは!
どっちでもいいではありませんか~(笑)だめ?
雄でも雌でもかわいくてね♪
ダメな子ほど可愛いのは何故?
2013/04/18(木) 17:04:29 |URL|けんけん #79D/WHSg [EDIT]
>けんけんさん
稚魚さんに会いたいので、♀2匹の方が可能性が高まると言うスケベ心がございまして~。
でも、実は目の前で餌くれダンスしているだけで幸せだったりしています(笑)。
友人に、さかなの話をしているときはとろけるような笑顔だと言われました。あはは♪
2013/04/18(木) 17:48:20 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
どうもです~
そのとろける様な笑顔を旦那様に見せて
上げれば、しら~と水槽に水、張っても
怒られないぞ~(笑)私はAP命~て
アピールする事をお薦め致します~(笑)
どう見ても?おね~様、怪しい~(笑)
2013/04/19(金) 01:49:01 |URL|梨乃のパパ #79D/WHSg [EDIT]
>梨乃のパパさん
確かに夫に向けるべき・・・です。はい。
疑惑の子はオネェですかね(笑)。
で、私が♂だと思ったウィルヘルミーは♀ですか(笑)。
難しい~。
2013/04/19(金) 17:07:49 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。