スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンディディ、順調なんてものではなく

01-11,2013

よく、稚魚が消えていく過程を自虐的に、

「順調に減っています」などと申します。


しかし、トニナ水槽のカンディディ稚魚さんたちに関しては、

順調なんて言葉では言い足りない程の減りっぷりです。


初めから予測はしていたものの、ちょっと切ないです。

可愛かったよキミたち・・・10日現在、目視で確認できたのはわずかに2匹となりました。


初回の産卵ではフィルター2411の後ろに産んでしまった♀2号ちゃん。

稚魚は泳ぎだすところまで行きましたが、すぐ消えてしまいました。


ここではまずいので、もっと良い産卵床を作ってやろうと、岩のような流木を入れました。

それは正解だったらしく、流木の穴に産み、今度も泳いでブラインを食べるようになりました。


でも、残らないだろうなぁとは思ってた。

理由はいくつかあります。


・ 水草水槽なので、CO2を添加しています。

  これだと、昼夜のpHに差が出てしまうため、デリケートな稚魚には厳しいと思うのです。


・ 同居の魚がいる混泳水槽。

  トーマシーやハニーが元気よく泳いでいるわけで、油断禁物あっという間に口の中~。


もうひとつ、これは想定外でしたが、


・ お父さんが稚魚を奪う!


お母さんと張り合って、稚魚を持っていくのです。

♀ちゃんに近づいて尾びれであおったり、ボディアタックしたり。



「来たわね・・・」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-たたかう



えいっ!

「キャッ」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アタック



そして稚魚をくわえて、


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-くわえようとする


口に含んで、「もぐもぐ」。


えっ?と思っていると、好きな場所に「ぺっ」と出しています。

食べてはいない。


しかし、あの「もぐもぐ」は何なのだ?

確かに口をもごもご動かすのですよ。


でも、お師匠様には「水が悪い!」。の一言で済まされそうな(笑)。

言われる前に言っておきます(笑)。


そんなこんなで風前のともしびとなったカンディディ稚魚さんです。

せめて、その姿を画像にとどめておくことにします。



ちぎょー。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちぎょー



ちぎょだよー。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちぎょ



びっくりお目目

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-稚魚



子供を挟んで両側に父と母。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-両側に



しかしやはりオスが強い。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-強い



♀ちゃん、迫力の蛇模様が消えています。

腹ビレきれいだなぁ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-母



というわけでトニナ水槽の方は望み薄ですが、

スポンジ水槽の稚魚は残るんじゃないかと踏んでおります。


うっそうハウスの後ろに連れて行ってしまって確認できない、もどかしい状況です。

でも、お腹がすいたら出てくるのだ(笑)。

ブラインタイムは狙い時です。



大・中・極小、こいのぼりよろしく並びました。

ソイル上の稚魚さん、見えますか?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-大中小



ちょっと寄ります。いるいる。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-います



♀ちゃんの下に2匹。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-仲良し



美しいご夫妻です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-美形



こちらのペアは仲良しで、安心です。

残ると思う、多分。


育つ過程を見せておくれ~、ね!


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  おさかなさんも、個性いろいろ。ぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

関連記事

COMMENT

こんにちは!
水!で終わりそうですね~(ToT)
うっそうハウスに期待ですね!飼う予定が微妙な子なので、過程を姫様ブログで楽しみにしています!
またまた新入荷ですね~行っちゃうだろうなぁ(笑)
出来はともかく空きは?ある…
2013/01/11(金) 12:46:30 |URL|けんけん #79D/WHSg [EDIT]
おー!カンディディのメス、黄色で綺麗ですねぇ。トニナの蛇柄抜けたメスも可愛いです!
2013/01/11(金) 12:53:18 |URL|マタタビ3号 #79D/WHSg [EDIT]
いつもながら、写真がいい。
被写体、シャッターチャンス、技術、この3つがバッチリです。
トニナ水槽は水ではないと思います。ハニーはともかく、トーマシーはかなり危険。
2013/01/11(金) 14:36:24 |URL|taketatu #79D/WHSg [EDIT]
 低pH水草水槽ではないですが、ビタエニもカカトゥもロカフェルテも産卵した後はCO2添加は継続してやっちゃってました。添加止めた方が良いのかな?

 taketatuさんに同じく、トーマシーはダメですね。食い荒らされます(T_T)。さらに、AP.の親まで狙いにきます。 もう三河でアピストしてからはトーマシーはAP.とは一緒には入れないことにしました。
 
 相変わらず画像がキレイですね(^0^)/
2013/01/11(金) 21:01:47 |URL|ヒロ #79D/WHSg [EDIT]
どうもです~!

スポンジ水槽で残せそうですね(^-^)
しかし、油断大敵ですよ~。仲良いペアであってもスイッチ入れば、それからはオトコとオンナです(笑)
私なら抜きます(笑)
でもこのままでどうなるかも見たいですよね~♪
2013/01/12(土) 01:28:01 |URL|apisto_gallery #79D/WHSg [EDIT]
うーん
CO2添加ではあまりいい結果出てないかもしれないですねえ

うちはトニア水槽でインカが浮上しましたが
最終的には2cmまで育ったのは3匹でした
2013/01/12(土) 04:16:10 |URL|カミユ #79D/WHSg [EDIT]
>けんけんさん
昨日聞きたかったのですが、とてもお忙しそうで断念しました。
何とか残って欲しいです。レポートを書けるといいんですけど。
カンディディは素敵な子ですよ。行きましょう!!
2013/01/12(土) 09:15:42 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
>マタタビ3号さん
ギラギライエローにこの柄、お嬢さんではありませんね(笑)。
トニナの子、ヘビ柄復活です。まだ消えていないようです。
2013/01/12(土) 09:16:29 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
>taketatuさん
写真をお褒めいただいて光栄です(*´∀`)テレテレ。
あまりおだてると木に登っちゃいますよ~(笑)。
トーマ氏はハンターですよね・・・素早くしつこく、ロックオン(泣)。
2013/01/12(土) 09:17:59 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
>ヒロさん
以前ダータちゃんが死んだ原因をCO2ではないかと言われたことがありまして、影響が少なくないんだな、と考えた次第です。
昨日質問したかったけど、お忙しそうでできませんでした(泣)。
トーマシーは強過ぎますね。もう立ち上げ要員とアドケタのお相手に専念してもらいます。
2013/01/12(土) 09:20:29 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
>apisto_galleryさん
カンディディは夫婦で子育てをすると聞いたのですが、育て方にもいいのと悪いのがあるだろう~!って感じですね。
音羽のお師匠様に、「初回は手を出さずに見る!」と繰り返し言われていますので(なかなか守れないんだなこれが)、今回は見届けたいと思います。
2013/01/12(土) 09:22:52 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
>カミユさん
インカは行けたんですね?じゃあ全くダメってわけでもないんですね。
稚魚の感受性にも依るのかな。エリザベなどは難しそうですよね。
んで、昨日は閉店までコース?(笑)
2013/01/12(土) 09:23:56 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]
コメント残していきますね♪blogチェックしました♪記事読ませてもらいました!
2013/01/13(日) 22:31:26 |URL|dazu-o #79D/WHSg [EDIT]
私はトーマシーをスネール対策に入れたことがありますが、スネールを食べるよりエビちゃんが大好物で食べられてしまったので、速攻お店へ返しました。

昼間CO2を添加していても、稚魚のために夜間のエアレーションをする必要はありません。
油膜さえ気にならなければ、エアレーションしないことによってPHの変動を最小に抑えられますけど。
夜間エアレーションしておられるんでしたっけ?
2013/01/13(日) 23:15:23 |URL|とし #79D/WHSg [EDIT]
>としさん
こんにちは、コメント有難うございます!
エアレーションはしていません。
今回は(今回も)、「水ができていない!」とばっさりでした(笑)。
トーマシーはハンターですよね。気が強いし。
2013/01/14(月) 09:07:49 |URL|アピスタ #79D/WHSg [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。