スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユルエンちゃん。

07-20,2014

ユルエンシスっていい名前だよねぇ。
○○シス、ってのがカッコイイです。
何となく、ギリシャの哲学者っぽいです。

対してアルパフアヨって響きは・・・まぁいいや。

でも、名前って大事だと思うのですよ。
イメージが全然違いますからね。

ビンデンもしかりですが、ブライトビンデンがメガプテラになった時は悲しみを覚えました。
その後ほどなく、ビンデンはビンデンと言うことになったのでホッとしましたが。

と言うわけで、我が家のアルパフアヨ君は、ユルエンちゃんです。
紫色になる、予定。

まだまだこれからですが、ちょっとブルーが出てきました。
でも、かなり、まだまだなんですよね。
長く楽しみます。

ご挨拶。
ガラスばっちぃですね(汗)。
DSC_8964_20140720100037894.jpg

変顔。
DSC_9096.jpg

梨乃パパさんの真似をして、鏡を置いてみました。

「お?」
DSC_9013_20140720100042dca.jpg

おお?
DSC_9017.jpg

ナンダオマエ。
DSC_8988.jpg

ガン飛ばしております。
しかし可愛い(笑)。
DSC_8998.jpg

背びれ立てましたが、さらに可愛い。
この口元が何とも・・・。
DSC_9033.jpg

口の両端にオレンジがあるんですね。
変わったリップの入れ方(笑)。
DSC_9082.jpg

ハスに構えて威嚇中。
微笑ましいんですけど。
DSC_9110.jpg

目元はちょっと怖いかな?
DSC_9120.jpg この体色きれいだわぁ。

興奮すると色が抜けてしまうというのも面白いです。
メンデなどはギラギラに濃く発色しますが、
ユルエンちゃんはひよこ色になるのね。

やっぱりアピストは面白い。

ちなみにこの子、かなりのヤンチャ君です。
お嫁さんはひっぱたかれています。

あまりひどいと、網隔離の刑だよ~。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ ユルエンいいなと思ったらポチですよ♪
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

懺悔の会と水槽メンテと。

07-16,2014

週刊より開いてしまった(汗)。

ブログの更新をしたいのはやまやまでしたが、
まぁとにかくひどい状態の水槽に手を入れていたら、
そこまで至りませんでした。

でもとにかく書く!
書くぞ~。

日曜日。
懺悔の会でした。
久しぶり~♪

いつもの変○オッサンの皆様と、いつものお店です。
遅れて行くと、いきなりの歓迎のお言葉:

「今ちょうど悪口言っていました」。

ひどい(;^ω^)。

椅子に座ると、

「やつれた」
「疲れている」

ひどい(;^ω^)。

しかし否定できません。
先週は、ほんっとうに忙しかったのです。

なんか今頃になって疲れが出てきた感じ。
トシと共に、反応が出るのが遅くなるんですよね。
なはは。

それでも楽しい懺悔の会。
アピスト話ができるってだけで、もう嬉しいです。

今回も、いろいろ勉強になりました!

学んだこと:

・油膜除去にはエアレーションと濾過槽手入れ
・赤の色揚げにはグラチャン
・青を強くするには○○
・オジサンはぽっちゃり好きが多い
・あとは書けない

なんだかねー、7割くらい関係ない話だったような・・・
しかもいわゆる下ネタってやつだったような・・・
何で私はここにいるのだ?と、途中何度か自らに問いかけました。

でも、お初にお目にかかるS氏のおかげで、
時々ピッと引き締まる空気になりました。

そうそう、メンツです:
座席順に奥から時計回り

梨乃のパパさん(いつものことだが素面と思えぬハイテンション!)
容疑者Kさん(ずっといじめられてた(笑))
けんけんさん(ブログのまんま。楽しい♪)
Sさん(スゴイよ)
ワタシ
taketatuさんfrom India(この方もスゴイのよ)
デスモさん(超寡黙!2回くらい声聞いたかな?)

11時の閉店ではねとを追い出され、
私はもちろん愛用の電動アシスト自転車で真っ直ぐ帰宅いたしましたが、
○態の方々は朝まで遊んでいたらしい(笑)。

それにしてもなー。
S氏。

あんなすごいお方と、同じアクアライフに載っていたなんて・・・どひゃ。
改めてちらっと見返してみましたが、ウチの水槽、今より少なかったんですね。
17本からぐっと減らして、9本か10本にした時でした。

今は・・・13本。
少ない。

でも、あまり手が掛けられないから、
これでいいのかもしれません。

懺悔の翌日、水換え・トリミング・ブリラントのパイプ掃除など、
地味に頑張りました。

藍藻が幕を張り、トニナが水面でとぐろを巻き、
よどみができていた悲惨な水槽を、リセットに近いメンテナンスです。

しばらくトリミング不要なように、つんつるてんに切ってやったぞ。
DSC_9055.jpg

こちら45センチです。
DSC_9035.jpg

25キューブ。
もう結構伸びてきたなぁ。
DSC_9044.jpg

お久しぶりのカンディディ・マニコレF1です。
やっぱりきれい♪
DSC_9051.jpg

虹色のヒレを持つおさかなさんだよ。
DSC_9053.jpg

カンディディもきれいで素敵ですが、
やはりアピストの方が面白いです。

よって、F2は取る気なし。

次はアルパフアヨ(やっぱり変な名前だ。ユルエンで行く)を書こうと思います。
可愛いんだ~♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ ぽちっと応援アリガトウございます。
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

トニナ水槽2号をきれいにしました。

07-07,2014

25センチキューブ水槽内に、トニナが植わっているというより、
トニナを詰め込んでみました的な状況だったわけです。

これの右です。
左はエリザベさんのお住まいです。
DSC_8856.jpg

トニナいっぱい、森状態がコンディションを良くするとは言え、
やはり限度と言うものがあります。

ブラインタイムになると、投入口に寄って来るおさかなさんたちは、
トニナとガラス面に挟まってもがくように縦になり(笑)、
面白いけどあんまりなのでトリミングしました。

この水槽はAnに行き出してほどなく立ち上げたもので、
多分3年目?

ソイル内もドロドロだったので、100%以上の換水をしました。
小さい水槽は楽だね~。

まずは住民を避難させ、草は全部抜きました。
普段は根元で切るのですが、今回はセミリセットです。

プロホースに普通のホースをつないでベランダへ。
いやホント泥水です(笑)。

ソイルが詰まったら、チューブを折り曲げて、振って抜きます。
ガラスガリガリ、角は歯ブラシでごしごし、お掃除お掃除。

水道水5リットルに、テトラpH/KHマイナスを2cc、きっちり量ります。
適量は1~2ccで、1.5ccで良いらしいんだけど、
スターレンジも植わっているし、文京区水道水は弱アルカリでTDSも高いので保険です。

抜いた草はよく洗って、切って、トレーに並べて・・・画像はナシよ。
モスでモフモフになっていた流木も(全く見えていませんが、
隠れたりできる流木が入れてあります)、ごしごし洗いました。

こびりついたコケを落とす時には、
マーナのキッチンブラシ・焼き網用(金属の繊維が植わっていてパワフル)を使っています。
これはよく取れますよ~!

ナチュ系雑貨好きの奥様・彼女様をお持ちの男性諸氏は、
そっとキッチンを見渡してみてください。
あるかもです。

木製の柄がついていて、いいデザインです。
キッチンにあっても許せる姿。

ただし、コケこすって怒られても知りませんので、
自己責任でお願いします。

さてと、植えるぞー。
適当だー。

でもピンセットはADAだぞー。
軽くてすらっと先端が細くて、とても植えやすいです。

気分の問題ではなく、○○Xのとは確かに使い心地が違います。
高いけど、それだけのことはあると思う。
美しいし。

○E○のは、枯れたミクロソの葉っぱをつまんで取ったり、
エビが脱いだ殻を拾い上げたり、
コテッと逝った子をそっと引き上げる際に使用しております。
ちゃんと差別化しているのだ。

で、できた水槽はと言いますと、
面白くもカッコ良くもないんですけど。
あはは~。

おさかな用トニナ水槽は、植わっていることが重要なのです。
だからこれで良いのだよ。
DSC_8951.jpg 流木も見えたし。

しかし、そうこうしているうちに時間切れ。
メンテは1本で終わってしまいました。
藍藻幕張状態のトニナ水槽3号は持ち越しです。

ブラインタイムになったので、お片付けしてゴハンね。
お待たせ~、ごはんだよ~。

何やってんだかな。
DSC_8940_20140707114211e02.jpg

そんなことより、クリル早よ。
こんなチマチマした、なんだ?ブラインっての?
食ってらんないのよ~。
俺アドケタなんだよ?
DSC_8942.jpg

ちっこいアピストとかってのと一緒にしないでよ。
んで、ピント決めてくれな~。
DSC_8948.jpg

大好きな色、ターコイズブルーがきれいな♂くんです。
すごく威張っています(笑)。

以前はアドケタをトニナ水槽で飼っていましたが、無理でした。
毎日何本も抜けて浮かんで、もうめちゃくちゃ(笑)。

まぁ当然ですね。
おとなしかったらアドケタではありません。

でも人懐こくて、本当に可愛い子です。
普通、水槽に手を入れたら魚はさっと逃げますが、
この子たちはガーッと寄ってきますので。
で、かじります(笑)。

アドケタは、「自分以外皆敵!」だそうですけど、
むしろ、「自分以外皆餌!」ではないかと思ったりしています。

さかなは友達、餌じゃな~い。
(by Finding Nemo)

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ ニモが淡水だったらな~。ぽち♪
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

自分史上最悪のトニナ水槽と、皮下線虫の続き。

07-06,2014

これはひどいわー。
美しいはずのトニナの森が、もはや妖怪が出そうなたたずまいです(笑)。

これでは、くたびれて帰宅して癒されるどころではありません。
何とかせねば。

ほらね?
45センチのトニナ水槽1号です。
DSC_8851.jpg

もやもや黒々~(汚)。
DSC_8852.jpg

トニナ水槽2号。
もはやさかな全く見えず。
DSC_8856.jpg

トニナ水槽3号。
ナチュラル・ソフトフォーカスになっております。
DSC_8857.jpg

特殊効果フィルターを使ったわけではありませぬ。
DSC_8859.jpg

あまりの惨状に、もやもやをテデトールして、トリミングしました。
が、ここまでで充電が切れました。
DSC_8932.jpg

真ん中の有茎草を切る気力まで、
持ちませんでした。
ははは。

でも、見ていてあんまりなので、
次の日切りました。
DSC_8938_20140706114644387.jpg

残りの2本は、手つかずです。
この休日にやるぞ、と。
多分な。

ところで、皮下線虫のその後です。

先週、Anに行った際、お師匠様に「アドケタどうなりましたか?」と尋ねられました。
ちょうどブログにアップしたところだったので、
見てもらいました。

この画像へのコメント
「えぐり取って傷にする」。
DSC_8747.jpg

で━━(;゚Д゚)━━!!

できるわけないっしょ・・・(泣)

「えぐりとって傷にする」。

これが、皮下線虫の正しい除去方法です。
お薬は効きません。

で、でも、見えなくなったんですよ?
と次の画像を見せると、

「じゃぁ外で産卵して水槽中に増える( ̄▽ ̄)」

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

やだー!

「ぎゃはははは」

ひどいわ。
いつもの事ですが。

「まぁ様子見です」

だそうです。

消えたもん。
消えたんだからねー。
ちぎれて死んだのよ、うん。

その後約1週間が経過しましたが、
ケタ嫁ちゃんに虫は見えず、
水槽中に増えた気配もありません。

めでたしめでたし♪

それにしても藍藻ってイヤだなぁ。
臭いし。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ ADAのカレンダーが驚異的に美しく見える(笑)
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。