スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アピスト、か弱き生き物

09-30,2012

荒れた風の音が、窓を震わせています。
ひとりの病室で聞いているには、
あまり楽しくない類の音です。

雨の音は好き。
だけど、強い風の音は、ちょっと怖い。
自覚できない記憶のせい、多分。

少々エグい話になりますが、
今回私は、
お腹切って中身出して縫い合わせるという、
冷静に考えると恐ろしい体験をしたわけです。

それでも明確に、時の経過と共に苦痛は薄れ、
日常の感覚が戻りつつあるのがわかります。

人間は強く創られているな~。
アピストだったら、間違いなく死んでる。

小さくて美しく、儚い生き物、アピストグラマ。
また一層、アピストたちが愛しく思えました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿
スポンサーサイト

最新ボー稚魚画像&漫画カメラ

09-30,2012

我が夫さんはボーちゃん稚魚にばかり関心があるらしく、
その画像がまた送られてきました。
photo:01


大して変わらない(笑)。
でも嬉しいことだ。

こんなことして遊んでいます。
photo:02


photo:03


アミダラは綺麗。

アメブロアプリ、投稿で落ちるんですよね。
評価低いだけのことはあります(笑)。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿

会いたい

09-29,2012

お早うございます。
photo:01


病室からの朝日です。
お日様は素敵ね。

水槽が気になります。
痩せちゃったテフェ、どうかなぁ。

イニリダエ羽衣ちゃん、いいタイミング来たんじゃ…?

アドケタベリちゃん、いじめられていないかな。
産卵箱に入れてくれば良かったかな。
でもそれだとハミハミペッペできないもんね。

状態イマイチだったパラレル、
水換えしたけど…その後はいかがかしら。

王様ボーちゃん元気?
相変わらず美しい?
稚魚も順調?

カカトゥお母さん、かなり黄色モード脱していたけど、
稚魚にアタックなんてしていないよね?

シシタも、お腹空かせているかしら。
♀ちゃん黄色かったけど。

ふえ~ん、みんなに会いたいよ(涙)。

Anにも行きたい。
いつ行けるんだろ、次。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿

おとぼけな話

09-28,2012

ブログ更新@病院~

先程点滴が取れ、紐付きじゃなくなりました。
自由だ!(笑)

こうして徐々に日常に戻って行く感覚は、かなり嬉しいものです。
当たり前が幸せなんだよね、なんて、
言い古されたベタなフレーズを口にしてみる。

でも本当です。
平穏無事って、すごいことです。

こうして皆様に与えていただくばかりの立場に身を置くと、
普段の自分の所作も気になったりします。

もっといろいろできたはず。
怠けてたね~。

さてそれは置いといて。
トボけた話です。

稚魚は諦めろと言われたと告げたら、
何とかしたいと思ったらしい夫ですが、勿論ブラインわかしたり濾したりできません。
おかしな事を言い出しました。

「Anに毎晩ブラインを買いに行く!」

…あの、わかされた状態のブラインは、売っていませんから~。
思いも寄らない発想で、どう反応すべきか一瞬固まりました。

結局、この状況を哀れんで、先日我が家までブラインやりに来て下さったお師匠様でありました。

感謝(。-人-。)
本当に感謝です。

お優しいんだから、もう。
ウルウル( ; ; )

あ、勿論タダではありません。
APAP新規導入、しかもスペリアで埋めることを約束させられています(爆)

どうすんだ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿

勉強中。

09-27,2012

もう歩く練習しました。
痛くなくはない。

お勉強しています(笑)!
photo:01



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿

稚魚減っていないみたい

09-27,2012


また画像が来ました。
photo:02



シシタも。
photo:03



病室です(笑)
photo:04



カップ。
photo:06



たくさんの愛をいただいています。
幸せモンです。
感謝☆彡

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿

送られてきた、ボレリィ稚魚

09-25,2012

勿論、本体ではありません。
画像です。
photo:01



ちょっと大きくなったように見える。
可愛いな~。

病室は11階なので、眺望を期待したのですが、
真正面ビルだし(笑)。
photo:02



横向くと池袋。
photo:03



スタッフのみなさんは、若くてキレイで可愛いです。
かなりレベル高いですよ。オススメ順天堂(笑)。
にこやかで優しくて、いい感じ。

同じことを三回聞かれた。
念入りに確認するんですね。

御飯の画像も撮ったけど全く鑑賞に堪えないので自粛します。

御茶ノ水駅が近いので、電車の音が聞こえます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

iPhoneからの投稿

入院前最後の更新・画像いっぱい、特にダータちゃん

09-25,2012

1週間(予定)留守にするとなると、いろいろやることがあります。

まず、伸びきったトニナをトリミングしました。


before

ハニー単独飼いではありませんよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ビフォー


いろいろ入っていますが、誰も見えません。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-before


after


はいスッキリ。ダータのおうちです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アフター


黒っぽい子。透き通っています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-トニナに


黄緑の子。お腹側からは面白い見え方です。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ななめ


目の形。よく見ると多彩な体色。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-4


哲学的な表情に見えなくもない。ダメか。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-3


どうです、この体表の色合い。柄。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-2


目は口ほどにものを言い。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アップ1


何やら吼えています。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-喋る


ボレリィ王様 in ホワイトモード。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ホワイトモード


底床の色が明るいので、色が飛び気味です。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-王様


そして、心残りな稚魚さんたち。

健気なお母さんの姿が切ないわ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-元気で


ごめんね、今回は。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちび


見納めになっちゃうのかな・・・。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-心残り


孵化から3週間で、すべてが決まってしまうと教わっています。

その後の成長、将来的なサイズや体型。


浮上後2日で1週間留守は痛いです。

たとえ残っても、あまり優秀な個体にはなれないのでしょうね。


これも運命ってヤツなのかな。

時に皮肉で、残酷にも思えて。


もっとあっさりした性格になれたらいいな、と思うことがあります。

ものによっては、実にあっさりしているのですけどね。


こういう小さいものが、自分の力ではどうすることもできない要素に対しては、

あっさりできないんですよね。

全部私の手にかかっていると思うとね。


でも執着はしません。

どんなことでも、これが現時点で最良なのだと受け止める。


愚痴を言わない方法です。

言うのも聞くのも、嫌なものです、愚痴。


面白いんですけど、愚痴っぽいひとって、本当に言葉の8割愚痴じゃないか?

てな感じだったりするんですよね。

文句の種を探しているかのように、口からこぼれる不満。


逆の人もいますね。

大抵嬉しそうな人ね、こういうひとがいいな。

ちょっとアホみたいでも、素敵だと思う。


さて、トリミングの後は水換えして、あちこちの水槽に足し水して、

ヒーターもそろそろ稼動させて。


これでいいかな、うん。


夜から大荒れの天気です。

明日も雨のようですね。


では行ってきまーす(^-^)/。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  実はアピストも入院したことがあるよ、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

An aquarium.の、2ねん生になりました。

09-24,2012

初めてAnに行ったのが、昨年の9月23日でした。


熱帯魚を飼い始めて、初めてマクマスペアを手に入れて、

ペアリングがうまく行かず、ドキドキしながら相談に行ったのでした。


あの頃は、よもや1年後にはAPAP水槽台をリビングに2台連ねているなんて、

これっぽっちも思いませんでしたけどね。


予想外のことは起きるものです。


今日(23日)は、師匠にどんな1年だったか感想を尋ねられたので、

人生が曲がりました、とお答えしました。


「すみません、でも私のせいではありません」、とお師匠様は仰いましたが、

いえいえ間違いなく師匠のせいですから。


だってね、どう考えたって、他のお店に行っていたら、こうはなっていない。

断言できる。キッパリ言える。


ちなみに、師匠と言うのは私が勝手に呼び始めた敬称です。

弟子にするぞよ、と言っていただいたわけではございません。


でも、手取り足取り・・・と言う感じの親切丁寧さで教えていただいてきました。

近所の強みです(笑)。


何しろ初めてで、何も知らないまっさら状態でしたので、

言われた通りにやろうと努めてきました。


先入観がないのが良かったのだと思います。

水草・スポンジ、両方の水槽の立ち上げから繁殖、病気への対応まで、それは詳しく教わりました。


ネット上のどこにもないノウハウは、知識と20年を超える経験のエッセンスです。

とにかく、何を質問しても答えが返ってこなかったことがないように思います。


濃い1年でした。

本当に、急速に楽しくも妙な展開をしたよ人生(笑)。


「高額授業料滞納・・・」って言われましたよまた。

どうしましょう。


そして今や水槽は16本。

トニナの森わさわさ、稚魚いっぱい。


この光景が、An1年生の通信簿ってことになるのかな。

師匠によれば、私はどの課題でも68点は取っていたそうです。


実に微妙な数字です(笑)。

でもこれ、悪くないらしいですよ。


私より先にお店にいらしていた梨乃のパパさんは、

ここに来ていなかったら、多分やめてたんじゃないかなー、と仰っていました。


アピストのキャリアは、それ以前からおありですが、

意外にも、Anにたどり着いた時期は私と同じ頃なんだそうです。


それでいて、時に副店長と間違われるあの風格はナゼ(笑)?

銀松時代からの常連さんかと思っていましたよ(笑)。


と言うわけで、昨日は二人が2年生に進級と言った風情なのでありました。

そんな私たちに、「サービス」とのことで、いきなりのプレゼントです。


脚立に乗って眺めるアドケタ水槽に、ヤマトヌマエビ(しかも抱卵中)投入!

瞬時に爆走スイッチON、体色を黒々と染めながらエビに群がる魚雷たち・・・。


もぐもぐと言う食べ方ではありません。

横からガブリと行き、くわえたまま泳ぐ。

水槽内の全アドケタが、エビをくわえた個体を追い、奪い取る。


おお~、なんともワイルド!


こうして黒く変化した個体を見て、メスを見分けたりするのだそうです。

メスが黒いんですって。あご下真っ黒。


それにしても魅力あるわアドケタ。

以前から好きですが、やっぱり良いわ~。


って、私残酷なんでしょうか・・・?

あら・・・?おかしいな。戸惑ってみる・・・。


でも買いません。

ダータも買いません。


「本物のダータ、いいんですか?」なんて言われたけど、買いません。

あのー、本物って何ですか!?ひどい話だまったく(笑)。


本物君、確かに可愛かったですが。

チビチビダータも、それはキュートでしたが。


エリザベを待っているのです。

それまで購入は封印。


しかし、お師匠様からは相変わらず呪いの言葉を頂戴します。

「予感として、うまく行かない気がする」。


何ですそれ(泣)。

始める前から\(^o^)/オワタ、ですか。


タイプ的に、ボレリィ・カカトゥなどの中性系が得意な人と、

ネグロ系低pHが得意な人がいるのだそうです。


私の場合、後者の魚は今まで軒並み低成績で、ボレリィやビタエニをきれいにできているので、

中性系疑惑なのだそうです(ニューハーフじゃないよ)。


言われてみれば、確かに低pH苦手・・・死なせた子達の記憶がよみがえる・・・。

死なせないまでも、個体がきれいじゃなかったり、稚魚の育ちが悪かったりしています。


そこで、An2年生の目標は、低pHを上手になろう!にしました。

エリザベを筆頭に、メンデジィ、エリスルラ、エレムノピゲ、プルクラ・ウィルヘルミーなどなど。


ピートという新しい武器も入手したし、やるぞー。

あとは入荷を待つばかり。


こればかりは、どうなるかわかりませんけどね。

来る、きっと来る、と思います。


帰宅すると、可愛いボレリィの稚魚たちが、見える位置に浮いていました。

この「わらわら」が、たまらないんですよね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-わらわら


アップで。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アップ


ママと。

目を凝らすと、ソイルの上にも浮かんでいます。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ママと


ああ可愛い、可愛いなあ。

見つめる私の胸がまた、締め付けられるように切ない。


そうです前回のいやらしい終わり方につながります。

この稚魚さんたち、ダメかもしれません。


何故なら、実は、25日から入院なのです私。

翌日はメス入れられて切腹状態です。


勿論、師匠にはあれこれ相談済みですが、

稚魚に関しては「諦めましょう!」ニコニコ。


はぁ。


仕方ないか。

次もあるしね。


王様ファンの皆様ごめんなさい。

この稚魚にもご期待いただいたと思いますが、こんなわけです。


しばらくはブログもお休みすると思います。

少なくとも、魚に関しては書けませんので。


今日の病院食、なんて画像ならアップできるかもしれないけど、

そんなの面白くありませんしね(笑)。


そうよ、いろいろあるの人生は。

他の「いろいろ」は、水槽立ち上げと同様に、時が解決するでしょう。


そんなもの。


生きている以上、悩み事は様々現れますが、半年続くことは少ないのだそうです。

そして、時を待てずに動いて失敗する人は、少なくないのだそうです。


あ、手術は単純な摘出ですので、どうぞご心配なく。

1週間後くらいには、STAR WARSにより詳しくなって退院予定です。


うふラブラブ


ではでは。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  餌のやりすぎよりは腹ペコがいいんだって、ぽち~。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

ボレリィ正室さん稚魚、泳ぎ始めました。浮上です。

09-22,2012

今月16日に産卵を確認した、ボレリィ「美しい」王様の正室さんです。

75個の赤いきれいな卵がありました。


流木の下で孵化しているのを、懐中電灯で照らして撮ったりしていましたが、

今日見たら場所を移したらしく、

こちらから見えない流木後ろでお母さんがひらひらやっていました。


かくれんぼじゃないよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ひらひら


絶えず胸鰭を動かして、水を送るのです。

本当に偉いお母さん。


そして、夜のブラインタイム。

また違う場所にいます。


ようやく、その姿を目にすることができました。

今までずっと、流木下や陰にいて、出てこなかったのです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちょっと余裕?


ちょっと動き方が変化している・・・周囲を凝視します。

あ、いた。泳いでる!


そうです、浮上です。

とにかくちっちゃくて、動かない限りソイルにまぎれてわかりません。


頑張って撮ったけど、すごく狙いにくい位置にいるのです。

ガラス面に対して斜めに構えないと無理。

これだとシャープな画像は望めません。


見えるかなぁ?

わかりやすくど真ん中。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-見えるかな


尻尾付きのソイル粒が浮き上がっているみたい。

実に良く似ています。うまくできてる。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-もう1枚


慣れないうちは、本当に稚魚を見分けることが困難でした。

とにかくソイルそっくりな色になっているのです。


生き残るためのプログラム。

この水槽には、敵はいないけどね。


飛び切り美しいボレリイ王様と、美人の正室さんの子です。

恐らくは、かなりきれいになってくれると期待できます。


でも、ちょうど私の誕生日を祝ってくれるかのように浮上したこの子達を、

嬉しいだけではない複雑な思いで見ていました。



ブラインの嵐。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ブラインの嵐


こちらは側室さんの稚魚です。もうすぐ1ヶ月になります。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-こちら側室


今日はいろいろなことが胸の内をよぎり、ちょっと泣きたいような気分です。

いつもの私とは違うテンションよ。


そう、いろいろあるの、人生は。

そのうちのひとつについては、後程。


To be continued...


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  何この終わり方!いやらしいね~。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

意識朦朧

09-22,2012

おさかなさんの話しではありません、悪しからずご了承ください。

iPhoneユーザーさん向けのお話です。


iOS6がリリースされましたが、ユーザーの皆様は既にアップグレードなさいましたでしょうか。

これ、マップがとにかくシャレにならないひどさだと聞いていたので、

とりあえずGoogleマップをホーム画面に設定しました。


特にアップグレードするつもりもなく、催促も無視していたのですが、

iTunesにつないで出てきたメッセージをiTunesの更新と勘違いしてgo!したところ、

まんまとiOS6になってしまいました。


うーむ。

要らん機能が付いている。


まあいいか。

と思ったけど、良くない!

ちっとも良くなーい!


AnのNEWSを開いたら、なんと、明朝体で表示されてるよ(泣)。

読みにくいわ(泣)。


設定でフォントの変更・・・ないし(;´Д`)。

以前から日本の規格をないがしろにしているappleさんですが、ここでも。


なにこれ、すごくイヤなんですけど。

ダウングレードするぞな。


ファームウェアをDLして、復元を試みる。

もうすぐ完了・・・「予期せぬエラーが発生しました(○○○)」。


どへー。

何度かやるけど、最後の部分でエラーです。


Tiny Umbrellaを動かして、やってみる。

いけそう・・・またまた、「予期せぬエラーが・・・(違う番号)」。


あ~もうダメだわ。


あれこれトライしているうち、なんとまあ、書き換え途中でiPhoneがハングしました。

最悪なんですけど(泣)。


工場出荷時に戻すしかない。

新品さんこんにちは。


あらー、これもダメじゃないの(大泣)。

明日は銀座のApple Storeか?


ところが、意味不明なタイミングでいきなりりんごマークが現れ、

ホーム画面に戻りました。


とりあえず、復活したようです。

やれやれ。


わからない。

とっても、わからないお方です。


iOSは6でした。

もうしょうがないや。


これね、NEWSですよ。

どうです?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-明朝体


敢えてグリーンダータのところですわよ。

他意はありませんわよ、ええ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ


可愛いな、くそっ(あら失礼~♪)。


とういわけで、アップグレードはあまりよろしくないかも知れません、と言うお話でした。

これやっていて朝の4時くらいになった。


毎朝7時迄には起きています。

クラクラ~。


今日は重要な判断はしないようにします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ   久々のドジ話にぽち・・・トホホ。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

孵化したボレリィ稚魚と、画像いろいろ

09-21,2012

ボレリイ王様の正室さん、流木の下で子供を護っています。

ほとんど出てこず、熱心に子育てしています。


時折、隣の水槽の側室さんに怒っていますけど(笑)。

母の気概を高めるために、こうした仮想敵?は有効なんだそうです。


悪趣味な私は、懐中電灯で照らして稚魚を盗撮致しました。

当然ながら、♀ちゃんは嫌がっていましたよ。ごめんね~。


上に覆いかぶさるように、護っています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-孵化


ちょっと寄る。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ふか


さらに寄る。

よく見ると、目玉が見えます。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-孵化稚魚

産卵が16日でしたので、18日か19日に孵化したと思われます。

ここは、流木ペラ、はしませんでした。


あさってくらいに泳ぎ始めるかな?

いつもながら、ワクワクします。


この、ヨークサックおたまじゃくし状態からお魚型稚魚に変化する過程を見たいですねぇ。

動画に撮った人いると思う、どこかに。


こちらのんきな父さん。

「親はなくても子は育つ、但し父親」。

右の胸びれ、先端折れた(泣)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-父さん


相変わらずお隣を威嚇し、家臣たちをひっぱたき、

優雅に暮らしておいでです。


さて先輩の稚魚たちです。


8月24日生まれの、兄ちゃん姉ちゃん。

既にボレリィらしい体高が出てきています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-兄貴


寄ってみるよ。頭の丸みが可愛い♪

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アップ


もっと先輩、エレムノピゲ稚魚です。

2月13日生まれ、卵は25個しかなかった~。

育ち悪いと思われ・・・魔の3週間がいけなかったのでしょう。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-エレムノピゲ


こちらは順調、8月1日生まれのカカトゥオイデス稚魚です。

お母さんの黄色モードが薄れてきました。

そろそろ自立の時も近い?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カカトゥ


一番大きいアドケタちゃん。

柄もなかなか、アドケタらしいじゃないの!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アドケタ大


先日Anで、アドケタ水槽から犠牲者が取り出されている現場に居合わせました。


ヒドラ対策に大量投入されたハニードワーフグラミーがガブリとやられたらしく、

お師匠様が、「うわーダメだやられてる。少ないと狙われるから敢えて大量に入れたんだけど。

やり始めた。内臓食われてる~」と水槽に手を突っ込んでおられました。


アドケタ怖いす。

半端ないすよ。


ウチの可愛い子たちもこうなるんでしょうかね。

なるんでしょうね。

いつまで同居できますかね。


真ん中の大きさの子。

2センチくらいです。

この画像はクリアできれいだな。

常時このレベルで撮りたいですね。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アドケタ


カメラにも平気で寄って来る。

既に怖いものなし(笑)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あどけた


ベリちゃんは流木の下に隠れていて撮れませんでした。

やはり産卵箱に戻します。


と思ったら、また入っているよフォックス!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-フォックス


何してんのよ・・・味占めたのか?

これじゃ仕事にならないでしょ、出なさい。


出したら早速、アドケタ君(大)につつかれましたとさ。


おしまい。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  食べるのはブラインにしようね、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

トニナをトリミングの間に、ベリちゃん脱走。

09-20,2012

ジャングル状態になってエリザベも泳げず、

葉の間を引っかかりながら縫うように移動しているのを見ていて、

さすがに切ろうと思いました。


いつもの通り、根元でチョキチョキ・・・脇芽をカットして、

脇芽だけ植えます。


脇芽少ない。

必然的に、スカスカになった。


ほとんどスターレンジ水槽って様相を呈している。

まぁいいや、トニナ水槽はあるし。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-切った


稚魚が見えるようになりました。

この子はプルクラ・アバカシス・ウィルヘルミーです。

ヒレにオレンジ色が出てきました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ウィル子


お父さんウィルは、すごく美しい個体でした。

受け継いでくれているといいんですけど。


今日はひとつしかトリミングしませんでした。

元気な時は一気に行けるんですけどね。


次はこれね。

隣はもっとすごかったりする(笑)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-次ね


一仕事終えてアドケタ水槽を見ます。

ここにはベリースライダーのベリちゃんが、産卵箱に保護されています。

どうしても餌のとり方が遅くて、サイズに差がついてきてしまったのです。


ところが、いない。

からっぽ~。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-いない

また脱走したのね。

元気であることは確からしい(笑)。


いた~。可愛いな♪

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-いた


早速、兄貴分に迫られています。

弱い相手には容赦ないのがおさかなさん・・・。


「おらおら~」ブンブン!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-迫る


一番大きい子は、アドケタらしい隈取もでています。

まだまだ可愛らしいですけどね。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-隈取


さて、ブラインタイムです。

あれ?フォックス、そこで何してるの?

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-何してんの


勝手にベリちゃんの産卵箱に入ってるし。

保護されたいのかい?


しばらく滞在して、出て行きました。

って言うか、自由に出入りできるんじゃダメだよね~。

水が多すぎると思われます。


おまけ画像をちょっと。


水面に出そうなスターレンジです。

実際に水上に出たのもあって、水上葉はどうなるのかな?と思って見ていたら、

ただ単に端から茶色くなってきました(笑)。


スターレンジは水中に限る。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-水面


グリーンダータちゃんです。

次はトリミングするからね~。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ君


浮き草も元気です。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-浮き草


ストロボは反則だね。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-反則


「お隣さんスッキリしたね~」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-黒なし


ちょっと黒が出ているバージョン。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-やっぱり王様


やっぱり最後は王様で〆でした。


シシタも載せてやりたいんだけど、背びれ4条目がないのはちょっと痛過ぎて躊躇します。

カワイソ(´・ω・`)ショボーン。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  過去の栄光ってやつか~!ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

威嚇の時は着替えるよ

09-19,2012

只今単独飼育状態のボレリィ王様です。

フライングフォックスとオトシンという家臣は一緒ですが、

奥様・側室御両者とも子育てモードに入ったため、王様は邸を出されました。


アピストの場合、子育て中黄色い♀ちゃんとの同居は、身の危険を意味します。

それまでどんなにいじめられてパイプ後ろに追い込まれていた♀ちゃんも、

母となるや人格豹変、だんなさんを殺めてでも子供を護ります。


その緊張感あふれるオーラたるや、鬼気迫るものがあります。

なんとなく、今の政府民主党に欠けているというか、

ほとんど皆無の「気概」に思いを到らせてしまい、

トホホな気分になってみたりもします。


ドジョウはどうなんだろね。

子育て。


さてそれは置いといて。


王様のお隣は、トニナの森です。

トリミングをサボり過ぎて森とは呼べずジャングル、密林状態になりました。


すごい密集度で、

「魚が泳げません」。


エリザベが縦になって餌をつついています。

ひれが伸びないかな、これじゃ。


こんなです。ボサボサ~。

トリミングのスイッチ入らないのよ~。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-密林


下のほうは暗黒(笑)。

稚魚がいますが、よく見えません。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-暗黒


上の方はちょっと空間があります。


「ばあ」。これは♂2号くん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-隣人


お隣さんが気になって仕方がない王様です。


「じー」。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-おらおら


「およ?見かけないヤツがいるね。

なによ、結構きれいじゃないの?」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-むひょー


「んんん、あいつ誰だ?

挨拶がまだだぞ。」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-気になる


「まず優位に立つのが基本よ。

これでどうだ!ブンブン!」


おっと、王様変身。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぶんぶん


見る間に体色がクリーム色になり、尾びれ付近に黒い模様が浮き出ました。

どういうメカニズムなんだろう。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-変化


アピストは、黒っぽい濃い柄が威圧的なんでしょうか。

エリザベも、ヒレをくっきり色濃くして威嚇しますね。


自然界では決して出会うことのないエリザベとボレリィ。

こうして東京都の水槽内で顔を合わせます。


実際に一緒の水槽に入れたら、激しく戦いそう。

絶対やらないけど。

エリザベもボレリィもボロボロになる、きっと。


こちら、いつも平和なオトちゃんです。

誰とでも仲良くなれるというか、無関心(笑)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-オトちゃん


いつでもどこでも、マイペース。

ある意味、達観している感じね。


個性豊かな水槽の住人たちでした。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ずーっと見ていられます。危険です。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

働くお母さん。何もしないお父さん。

09-18,2012

産卵した♀ちゃんは、ほとんど出てきません。

ずーっと流木の下に入ったままです。


多分、胸ビレで卵に水を送っているんだと思います。

カカトゥの産卵は見やすい位置だったので観察していましたが、

お母さんは絶えず胸ヒレをひらひらさせて、卵をあおっていました。


健気だのぉ~。


ボレリィ王様の正室さんも、まったく姿が見えません。

オトシンの単独飼いをしているような水槽(笑)。


ブラインタイムにやっと出てきたところを、パチリ。


右下にちらりと尾びれの先端が見えました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-おびれ


まっ黄色です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ピント甘い

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-まっ黄色


「おとうとができたらしいよ」

「ボクはいもうとがいいな~」

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-弟ができた


こちらお父さんです。

引越し先で、お隣を見ています。


「どれどれ、可愛い子はいるかな?」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-かわいいこいるかな


王様、しばらくゆっくりしてください。

こちらは、きれいなのがお仕事(笑)。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  今日あたり孵化するかな~。ぽちぽち。

にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

ボレリィ王様、今度は正室さんと

09-16,2012

夜のブラインタイム、ボーちゃん水槽にスポイトでポトンポトン。

いつも通りの量を落とします。


すぐに寄って来るのが、フライングフォックスです。

キミはコケ食べてなさい(笑)。


実はこいつ、食いしん坊です。

お腹が重くてヨロヨロするまで食べますね。

浅ましいよ。


シシタ稚魚も王様も、パクパク。

だけど、正室さんが出てきません。

いくら待っても姿が見えません。


これはもしや・・・!

来ましたね。


流木めくってチェック~。

ありました、美しい赤い卵です。


美人の奥様に極上の王様、これは期待せずにいられません。

期待するなと言われても、難しいです。


パシャッと写して、そっと元に戻します。

♀ちゃん、失礼しました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-きれいな卵


お約束の点々打ちカウント。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-75個


ちょっと不鮮明なところもあって怪しいですが、75個かな。

あまり優秀とは言えませんですね。

まぁ初回だし、いいや。


1回目はそのまま様子を見る!

そう教わっています。


いますが、ああ、王様の尾びれ裂けてるじゃないの!

これはまずいよ、ボレリィはメスが強いのだ。


つい最近、旦那さんが奥様に殺されてしまった話を身近で聞いたばかりです。

ダメだめ、それはダメよ。


スミマセン師匠、抜きます。

王様ボーちゃんだけはお許しを。


って言っても、水槽どうするの?

限られた住宅事情、頭抱える。


考えた結果、古株の稚魚を60cmトニナに移し、そこに王様を入れました。

シシタ子はミクロソリウム水槽へ。

フォックスは王様と一緒に25キューブです。


これでよし・・・と。


卵が消えませんように。

消えたら消えたでしょうがないけど。


そしたら、王様戻します。

それだけ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ♀ちゃん小さいのに、良く頑張りました!ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

威嚇するお子様/王様、脚長~

09-16,2012

ふとミクロソリウム水槽を見ると、ビタエニ・シシタの稚魚たちが、威嚇合戦していました。

まだ小さいのに顔膨らませて、尾びれブンブンしている様がおかしいやら可愛いやら。


もう本当に稚魚はいいわ~。

成長を見守ると言うのは、大きな喜びですね。


あいつ生意気なんだよな


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-背びれピン


なによ、文句あるの?

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-こっちだって


にらみ合って・・・


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-にらみ合い


ブンブン!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-おりゃー


あまりいい画像じゃなくてスミマセン。

今度はもっとうまく撮ります。


シシタのペアを買ってきたのは、去年の11月19日でした。

お店に行くたび寄って来る、きれいなシシタくんをお持ち帰りしました。


きれいなのに暴力亭主で、奥様へのDVが酷くて大変でしたね。

何度も抜いてはサテライト独房に収監。


産んだ後でもお母さんをいじめると言う徹底ぶりでした。

普通は、♀ちゃんが強くなって亭主を死なせたりするらしいのですが、

奥様はおしとやかでした(飼い主に似ているの、とは申しませんけど。ホホ)。


今はさすがに丸くなったのか?ご夫婦円満にM水槽で暮らしています。

♀ちゃんずっと黄色いんですけど、産みませんね。


さて、この子たちは、2月3日の産卵です。88個ありました。

11日に浮上しました


現在7ヶ月とちょっと、というところですね。

体長は尾びれ入れずに2.5センチ~くらいです。


色の出てきた子がちょっと、フナが大半(笑)。

そして絶壁(しつこい)。


だけど可愛いウチの子、お腹が空くと水槽前面に集まってきて、

幼稚園児を見ているようです。


シシタの子は、私にとって初めての稚魚飼育でした。

産卵からアタフタしていたのをうっすら憶えています。


卵を産んだのにまったく気付かず、のんきな更新


孵化した稚魚が床にいるのを見て驚愕、

「卵が落ちています!もうダメってことですか?」と質問してしまい 撃沈。


シシタお父さんはDVのかどで混泳水槽に強制移動

(これが、激ヤセ色抜けの始まりでした)


んー、いろいろあったわねぇ。

しばし感慨にふけります。


アピストの大きな魅力は、やはり子育てですね。

卵から黒い小さな稚魚、それが段々美しくなっていく過程を追える。

喜びですねえ。


モーリーやプラティも産んで育ちますけど、

子育てはしませんし(むしろ食べまくる)、色も姿もそう変わりません。


アピストファン(一部病気とも言う)の気持ちは、飼ってみたらわかる。

色や形のバリエーションが豊富なのがまた素敵です。

困るけど。


いっぱい飼いたくなるから。

水槽が増える方向、どうしても。


こちらは8月1に生まれのカカトゥオイデス稚魚です。

成長が早く、安定した体格に見えます。


順調にぴよぴよしています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぴよぴよ


うん、いい感じ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カカト


お母さんの黄色が抜け気味で、あれ?と思ったのですが、

稚魚を追う事はしていませんので、まだ同居で大丈夫なんだと思います。


旦那さんいないし(うう・・・(泣))、いわゆる「女に戻る」こともなかろうかと。

お隣にはパラレル♂くんがいますけど。


さあ、今日も美しいボレリィ王様ですよ(強引な展開)。

腹ビレが、長い脚みたいですよ。

歩きそう(笑)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-どうしてもあし

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あし  顔に手足、って感じ(笑)


ナンダヨ笑って~。

もう帰るよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ひらり

ひらりと身をひるがえした、ボレリィ王様でした。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  DVのことは忘れてよ~、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

ビタエニアータ・シシタくん in 若き日

09-15,2012

何やら追悼番組のタイトルみたいですが、生きています!

まだまだ元気、きれいで可愛いシシタくんです。


アピ友けんけんさんより、有難くも頂戴したリクエスト、

「ビタエニ君の親をアップしてください~」


らじゃ!


シシタパパがまだ若々しく、いじめられて痩せこけ色が抜けると言う試練も、

水カビによる背びれ(しかも一番長いとこ・・・(泣))の侵食にもさらされなかった、

オットコマエの時期の画像を並べますよ~。


色あせて痩せちゃったのも(深刻に生命の危機だったらしい)、

背びれなくなったのも(これは痛恨。水が悪かったのでした)、

私のミスです。はい。


完全に、お世話の足りなさから来た、ミスです。

反省ヾ(_ _。)ハンセイ…


まだ1年生だもん(開き直ったわけではありませんけど)、

経験がない分、失敗も致し方ないと思っています。


そう思わないとやっていられない、と言うのが本音です。

自分を責める場面が多々ありますからね。


手を抜いた自覚がある時は尚のこと、自己嫌悪に陥ります。

ちょっとの異変に気付いていたのに、後回しにした、とかね。


1日で状況が変わることが少なくないと知りました。

病気だけでなく、♂♀のアタックに於いてもです。


突如の逆転、力関係の大きな変化。

もう、1日中水槽の前に張り付いていないと、アピストは飼えるものじゃありません。


なんて。


それではまさに廃人ですが、よく見ることは何より大事だな、と思います。


では、いってみよ~!

2011年12月の、ビタエニ・シシタくんです。


って、フェイントで♀ちゃん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♀ちゃん


いきなり美しいです。んー、いいわ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-長い


スポンジがまだ新品、コケなし(笑)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-新しい


この斜めがカッコいいんですよね。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カコイイ


バナーに使った画像だな。可愛い♪

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-バナー


お隣を威嚇中。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ななめ


絵的に好きな1枚です。色のバランスがいいかな、って。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-いい感じ


水温チェックも怠りません(笑)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-チェック


ブルーバックで吼えています。
この頃は何も知らず、水草ともスポンジともつかない、半端な水槽で飼っていました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-うおー


なんとなくあどけない表情に見える。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-こんにちは


ペルーのアピストは、コストパフォーマンスが高いです。

安いのに、きれい。


よく見ると、ブルメタとオレンジの他に、エンジ色のラインも入っているんですよね。

本当に美しいお父さん。


それにね、絶壁じゃないね、やっぱりね(笑)。

いいもん次は頑張るもん・・・。



おまけ:息子さん。


頭のラインが・・・丸くない(泣)

これを絶壁君と称するのだそうです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-シシタ子


「魔の3週間」に、ベストの状態を提供できなかったと言うことですね。

こういうことを考えると、極上のアピストを産出するヴィルヘルムさんってすごいなぁと思います。


ラボはどんな風になっているんだろう。

ね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  今日の主役はボクです!ぽち有難うございます!
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

ダータとトニナ/利き目のお話

09-14,2012

いつもシャイなグリーンダータちゃんが、良いポーズを取ってくれました。

うひょ~と言うほど可愛かったので、バチバチシャッター切りました。


でも、実物はもっとチャーミングです。画像には収まらない。

ときめきますよぉドキドキ


どんどん大きくなれ~。


いきなりアップで迫ります。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アップ


飛びたいな。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-きょろ


いち・・・

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-3


にの・・・

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ1


さん!それっ!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-2


落ちちゃった。てへ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-保護色



ああ可愛い。

ちっちゃいちっちゃい口をパクパクして、本当に愛らしいです。


ダータのお家は、ちょっとすごいことになってきました。

トニナの森です。おーい、ハニー!微かに見えます。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-トニナの森


お隣はまだマシですね。

空間あり。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-こっちはまだマシ


さて今日は、利き目のお話をしようと考えました。

写真を撮る時に、ファインダーを覗くのは利き目の方です。


利き目で覗かないと、フレーミングがうまく行かないのです。

見ているのと撮れた画像とで、ズレができてしまいます。

あれ?こんなはずないのに・・・ってことになります。


利き目は、大抵の場合、利き手と同じ側です。

右利きなら右目が利き目であることが多いです。


野球選手には、逆の方が多いそうです。

右打者で、利き目は左。


すると、バッターボックスに立った際に投手に近いほうが利き目になるので、

有利なんですって。


へぇ~、と思いました。

すごいね。


どちらが利き目かわからない方は、こうするとわかります。

 両腕を前に伸ばす。

 親指同士、人差し指同士の先端をくっつけて、三角を作る。

 そこから何か遠くの対象物を見る。

 片目ずつつぶる。

 対象物が三角の真ん中に見えたほうが、利き目。


いかがでしたでしょうか。

上の説明で伝わりましたか?


もし、どちらの目でも対象物が真ん中付近にならなかったり、

やるたびに左右違ってしまう方は、恐らく宇宙人です。

地球人の基準に合わない規格なのだと思います。


私の場合、不思議なんですけど、ある時利き目が変わってしまいました。

以前は右が利き目だったのですが、ふとしたことで上記の利き目確認テストをしたら、

何度やっても今度は左なのです。


いつ変わったのか、何がきっかけだったのかはわかりません。

ヘンな構図の写真が撮れるのでやってみたら、利き目が交代していました。


まぁ人生いろいろあるってことですね。

ちょっと驚きましたけど。


左が利き目だと、一般的なカメラではやや構え難いです。

多分、右目で覗くのを前提に作られていると思います。


でも、左利き目用カメラと言うのを見ませんので、

あまり不便に感じている人はいないのでしょう。


ちなみに、利き手は右です。


おまけ : 本日の、きれいなのにヘン顔。


王様~、ヒレの様子も良くわかって美しいのに、その口元は何!?

口周辺だけ別世界になっています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-変な顔だけど王様


でもこの口には負けるわ。ヘン過ぎです、イニリダエ羽衣ちゃん!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-もっと変な顔


優雅なのに・・・ラッパみたいだもん・・・或いは掃除機か。

こんなの載せてゴメンよ、あはは。


この子、基本的にいつもハミハミペッペしています。

くいしんぼなの?



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ボクの画像はボツにされました!ぽちぽち・・・。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

蛍光灯モードで

09-13,2012

ボレリィ王様の腹ビレが成長しています。

いいね長いね、ヒレは長いのが素敵ね。


昨日ホワイトバランスを検証して、ボーちゃん水槽の蛍光灯には蛍光灯モードが最適だったので、

そのモードできれいに撮るぞ~!と狙ったのですが。


ちっともいいポーズしてくれませんでしたよ(´・ω・`)。

つれないお方ねぇ。


仕方ありませんけどね。

アピストには、ずっと片思いなんでしょう。

ブラインの時は歓迎してくれるけど(^m^*)。


写真は、待ちだ。


誰かの格言ではありません。

私がそう感じているのです。


実際、いい瞬間は少ないです。

誰しもお感じのことでしょう。


ここで闇雲にシャッターを切っても、結局はボツの山を築くだけです。

デジカメだと廃棄も簡単だから、ついやってしまいますけどね。


でも、ゴミ箱を空にするのを忘れていると、すごいサイズに肥大化していて驚きます(笑)。

これじゃCドライブ圧迫するよね、って。


さて、画像です。


8月11日です。ウチに来てすぐ。スポンジ下にばかりいた頃です。

初めっから、美しかった。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-8月11日


8月23日です。この頃は既に、暴君として君臨していました(笑)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-8月23日


そして、9月12日です。腹ビレ先端にオレンジが出て、伸びています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-腹ビレ


これは9月11日。草かぶったけど、尾びれ切れたけど、ちょっと広げているので掲載。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-11日


こちら12日。昨日です。毎日、少しずつだけど育っているんですよね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-背びれ


画像だと、変化が一目瞭然なので楽しいです。

きれいに変化していると、水が合っているのかな、と安心できます。


逆に、色が落ちてきたり、痩せてきたりしたら、水が悪いということですね・・・。

少なからずありました。

今もあるかもしれません。


「魚で見る」 by あのお方 in 音羽


はい(^-^)/


あ~早くアドケタ見たいな。

やっぱり、気が多いの私(・∀・)。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  率直に言って、オレンジは僕の勝ちだと思います。ぽち♪
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

ホワイトバランス比較考察

09-12,2012

WinとMacと、両方使っております。

ディスプレイが違うと、画像の見え方がかなり異なるのです。


特にマックは緑!すごく緑緑している。

グリーンかぶってる、ってあれです。


K6500にしてあるので、そんなに青いはずはないんですけど。

何でだろ?


一般的に、蛍光灯の下で普通に撮ると緑色になりますが、

エリーライトの水槽がとにかく緑色に写ります。


気に入らん。

着色された加工食品みたいでイヤだ。


オートホワイトバランス最強~!と言われたことがあるらしいNikonD50愛用者の私、

果たしてそれは本当なのか、検証してみました。


撮り比べ、行ってみよ~ビックリマーク

画像処理は施していません。


まずはエリーライト×WBオートです。


暗かった・・・これは別次元でのミス( ´Д`)。

ダータを撮りたかったけど、点灯直後で寝ているのか出てきませんでした。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-オート


そんなに違和感はないかな。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-エリーオート


次、エリー×蛍光灯モード。


何これ青い。普通は青みが消えるはずなのに、青々している。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-エリー蛍光灯


すんごく青い!白いシリコンチューブが完全にブルーです。これダメ~。

ハニーちゃん寒そうです(笑)。

どうしたの?顔色悪いよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-エリーK


はい次、エリー×フラッシュモード但しフラッシュたかない。


なかなか自然です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-Eフラッシュ


ハニーもきれいです。

実際のエリーライトはもっと青っぽく見えるので、赤寄りに写っているのだと思います。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-エリーフラッシュ



では、エリーじゃない水槽に行きます。

王様ボーちゃんのライトは蛍光灯です。


WBオート。


うーん、まあまあ見た目に近いですが、

ちょっと赤っぽいというか、茶ぐすみ掛かっている感じを受けます。

マゼンタかぶりではなく、茶っぽいです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-蛍オート


王様きれいだな~。でもやはりヘンに茶色い。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-蛍光灯オート


WB蛍光灯モードです。


良い。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-K蛍光灯


良いね。オートよりこちらのほうが見た目に近いです。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-蛍光灯モード


蛍光灯×フラッシュモードです。


わ~何これヤダ!ダサい!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-蛍光灯フラッシュ


これでは王様もお怒りです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-蛍フラッシュ


というわけで、出ました。


・結論その1


エリーライトでホワイトバランス蛍光灯モードはNGです。

オートで良いと思います。


・結論その2


蛍光灯の下では蛍光灯モードが最適(当然か)。

オートは悪くありませんが垢抜けない色になります。


ということになりました。

水槽ごとにホワイトバランスを変える必要がありますね。


それと、今見ているのがWinマシーンなので、

これをアップしてMacで見たらどうなるか。


確かめてみます。

何かあったら追記します。


せっかくきれいなアピストや水草ですから、極力そのまま再現してやりたいですもんね。

と言うか、まずは増灯しなさいよ私(苦笑)。


はい、わかりました。何がいいだろう。

エリーに蛍光灯を足したら、また違ってくるんだろうな。

ややこしいなー。


とりあえず、メタハラゴールドは買いません(笑)。


「何でもいいから、きれいに撮ってね!」 by シシタ稚魚


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-きれいに撮ってね


* 追記です。


Macで見た感じでは、エリーライトはフラッシュモード、

蛍光灯は蛍光灯モードが良い感じですね。


エリーライトの光は、フラッシュと近いものがあるのでしょうか。

赤い水草が紫っぽく見えるライトなので、赤く補正されて自然な色になります。

難しい事はよくわかりませんけど、面白かったです。


ものぐさな私がこういう事をするのは、偉かったと思います。

うひょ(・∀・)

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  つまらないと思わなかった優しいお方、ポチですよ。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

アドケタが好きなんだ

09-11,2012

すごく、好きなのです。

イヴァナカラ・アドケタ!


いいよねぇ。

とってもチャーミングよねぇ。


なんて素敵なデザインなんだろう。

もう神様に感謝しちゃう。

それくらい好きです。


名前は、ナンナカラ・アドケタのほうが好きだった。

こっちのほうが似合う。


イヴァナカラはちょっと違う。

イヴァ、がダメね、うん。


Anに行く度、私は長い時間アドケタ水槽の前でたたずむのです。

見ていると嬉しい気持ちになります。


そのアドケタが、しかもすごくきれいなのが、いっぱい来ている。

困るなぁ。


赤いのも黒いのもいて、模様もステキで、ヒレも長かったりする。

尻ビレには黄色と赤があって、全体にブルメタが散りばめられている。


それで、あの顔。欲張りじゃないの!

ずるいよ・・・。


先日行った時には、まだほとんどがバックヤードにいて、数匹しか見られませんでした。

それでも嬉しくて見ていたけど。


だけど、買わないの。

次に買うのは「あの子」と決めています。


私ってストイックだわ。

偉いわ~。


実は、ウチにかわいいアドケタが来てくれたから、悶絶しないで済むのです。

いやホント、可愛いんですよラブラブ


ちょこまか速くて、ちっとも撮らせてくれないんですけどね。

大人とはまったく違う生き物のようです。So cute!


まずは後姿を。

この子は3センチくらいに育ちました。

大きくなるのが早いです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-背中


ほんのりパステルカラー、愛らしいです。

模様が濃く出ていることもあります。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アドケタ大きい子


左の子とベリちゃんは、2センチくらいです。

ちょっかい出しています。

時々フィンスプして威張っています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちょっかい


ベリちゃん。めろめろになるくらい可愛い。

動くのを見たら、萌えずにいられませんよ。( ̄ー ̄)うふふん音譜

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-べりちゃん


見ていて気づいたのが、変な話なんだけど、

どうもアドケタ水槽はフンのたまる量が多いのです。


餌は同サイズの水槽には同じ量を入れているのに、何故だろう?

よくわかりませんが、確かにフンがいっぱい隅っこに積もるのです。


ベリちゃんが追われて端っこに行くと、フンの山に入っちゃうんですね。

もわもわ~と立ち上る霧ならぬフン・・・。


師匠によれば、フンは身体から輩出された瞬間にアンモニアが散ってしまい、

残っているのは単なる「カス」であり言わばオブジェで、

掃除するか否かは、「趣味」の問題なのだそうです。


要するに、放置しておいてもさかなに影響なしってことです。

で、今日は趣味でお掃除しておきました。


プロホースの一番細いタイプにホースをつないで、

バッチイ水は直接ベランダに排水します。

スポンジ水槽の掃除には、この細いプロホースがとても使い勝手が良いのです。


水の吸い上げ方がトロいので、少ない排水量でゴミを吸い出せます。

吸われたソイルは、チューブをつまむと水槽内に戻って落ちていきます。便利!


フンだけきれいになくなっていくのは楽しい。

かなり、楽しいです。


作業が終わって満足感とともにホースを引き上げる。

・・・っとここで失敗しちゃったのよ(泣)。


最後の水が、曲がったホースの先端からお部屋のフローリングにこぼれたー(泣)

フン水が床に水溜り作ったー(泣)


いくらカスでも、やはりバッチイ感じです。

シクシク汗


畳じゃなくて良かったよ、っと。

カーテンには・・・付かなかった、うん。OK!


そうそう。

昨日考えていた、「イニリダエ羽衣夫妻を同居させるぞ計画」は、やめました。


ライトが点いて見えた♀ちゃんは、フナっこ色をしていました。

♂くんも、特に反応なくハミハミペッペしているし。


♀ちゃん、ブラインタイムに金色に変わるんですけど、これはどういうことなのでしょう。

色気より食い気?そんなことあるんでしょうか。


ブライン前に正面から見て、お腹が膨らんでいたら抱卵していると教わっています。

横からじゃなく、前から見るのだそうです。


実は私、まだ良く見分けが付かないのですが(産んでもお腹では判別できないあせる)、

特にぷっくりしているようには見えなかったんですよね。


もうちょっと、待ってみようと思います。


1度網ですくうと3週間憶えていて怖がるそうなので、慎重にしたいと思います。

かわいそうですもんね。


今日もいい日でした合格


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ぼくんちも、趣味で掃除してくれました、。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

イニリダエ羽衣♂くん、ちょっとやる気になった?/ダータちゃんポートレート

09-10,2012

うまく行きそうに見えるのに、なかなか進展しない。

ああもう、じれったい。


はて、そう言えば恋ってこんなものだったかしら?

もう遠い過去の話で、すっかり記憶にありません。ギャハハクラッカー


今日もガラスをはさんで別居中の、イニリダエ羽衣ご夫妻です。

奥様は黄色というか金色だし、おなかもふっくら見えるし、

お隣に向かって突撃態勢継続中だし、これはもうスタンバイOKとしか思えません。


でも、だんなさんが全然その気なし。

奥様が寄り添うと、ポカスカ殴って追い払ってしまいます(泣)。


これは許せませんね。

なんつう野暮なオトコなんだ!?


羽衣♂くん、見た目はこんなに美しいのに~。

ははん、さてはゲイなのね?


違うか、ワイルドのアピストにはないですかね。

ブリードだと、たまによくわからない子がいるようですが。


おや?でも、ちょっと状況が違ってきたかもしれません。

♂くん、♀ちゃんを見ています。

おお、フィンスプしています!


♀ちゃんを見つめて、


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-見つめて


フィンスプ!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-フィンスプ


流し目で、


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-流し目で


フィンスプ!

カッコいいぞ、しかし草かぶったあせる


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-フィンスプ!


いや~ん、角度が残念過ぎます(泣)

真横から見たいわ~~~ビックリマーク


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-角度が~


これはもう、合わせてみても良いのではなかろうかと思うのですが。

今日はもう夜も遅いので、明日やってみようかな、と思います。


さてさて、今日はアップで撮れたので、グリーン・ダータくんを並べますよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ4

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ3  ちょっと黒っぽい子。


よく見るとブロンズ色?

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ1


こちらの子は色が浅いです。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータ2


以前より動きが敏速になってきたように感じます。

写真が撮り難いのです。


すぐにフレームの外に消えてしまう。

狙っていると、他の子が来て突き飛ばしたり(やるんですよ)。


やんちゃになってきたのかな?

可愛いな~。


やんちゃといえば稚魚ですね。

それぞれみんな、元気です。


ビタエニアータ・シシタの稚魚たち、お腹空いて前面に集まっているの図。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-シシタ稚魚


fromミムーさんファーム、アドケタきょうだい、2センチくらいです。

右側がベリースライダーのベリちゃん。

お隣いじめっ子くん。

もう1匹は一回り大きくて、3センチくらいあります。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-いじめっこ


青カカトゥの稚魚、生後40日です。

絶壁じゃないよ(笑)


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カカトゥ稚魚


ボレリィ王様と側室さんの子たち。

目がオレンジ色ですね。ブラインのお腹とマッチしている(笑)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ボレリイ稚魚


みんなのおかげで、今日も楽しく過ごせました。

いい子いい子。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  折れた背びれって治りませんね(泣)ぽちぽち・・・。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

イニリダエ、♀ちゃんはスタンバイOKに見えますが

09-09,2012

またまた別居となったイニリダエ羽衣ご夫妻です。

体格も向上し、いい感じになっていると思うのですが、お子ちゃま誕生には到っていません。


今日見ていると、奥様がだんなさんのいる水槽めがけて、何度も突撃していました。

黄色いし、おなかも膨らんでいるし、「もう、産んじゃうわよっ!」って感じ?

違うのかなぁ。


ばしんばしん、ガラスにぶち当たっています。

でっかい目をして、興奮状態に見えます。


「こっち来なさいよ~っ!」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-羽衣奥様


暴れるから、ごみが舞いあがっております。

荒ぶる魂(笑)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-暴れてる


口尖らせて、なにやら文句言ってるね~。

大きく見開いた視線の先には、だんなさんの姿。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-文句言ってる


いらだつ奥様に攻撃されて、助けを求めるトーマシーです。


「ここから出してください(泣)。とっても怖いんです」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-とばっちり

本当に、訴えかけていましたよ(笑)。


そして、肝心の旦那様はと申しますと、


「あ~ん?何やってんだぁ?」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あーん?


「知らん」

プイ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-知らん


ちょっとぉ、どう言う事ですか?

困りましたね。


抜き差ししているうちに、何とかなるものなんでしょうか。

これも経験、やってみますけど。


ミクロソリウム水槽にいる、シシタの仔を撮ってみました。


まずは、ボーちゃん水槽で強過ぎて、当て馬を解雇された子です。

際立って色が出ています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-シシタ子


可愛いな♪

背びれが伸びてきたら、きれいだろうな~。


何しろ初めての稚魚ですので、毎日が未体験ゾーンです。

ゆっくり楽しめるのがアピストですね。


プラティなどは、すぐに大人になった気がします。

あっという間に大きくなって、すぐ産んでいたように思う。


なんと言うか回転が速かった(笑)。

寿命も、1年半くらいでした。


他のシシタ子はこんな感じです。

まだまだですね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-他のシシタ子


お、初代ボーちゃんです!

なんだか黒いね(笑)。元気にブラインを追って食べていますよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-初代ボーちゃん


青カカトゥの稚魚も、ちょっとずつ柄が見えてきました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カカト子


お店のカカトゥ、黄色が鮮やかでした。

おちびですがきれいでした。


でも私は、あの子が来るまで、何も買わない。

買いませんとも、ええ。


pH下げるために、ピートも準備しましたぞな。

さあ来い♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ ボクは低pHじゃなくていいです。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

エリザベサエより難しいんですって/今日はいろいろやりました

09-09,2012

とっても仲良く二匹でフルフル寄り添っていたので、これは良いわ♪と、

一旦喜ばせてくれたイニリダエ羽衣ご夫妻でしたが。


次の日は、旦那さんが奥様に無関心なご様子で、ハミハミペッペに熱心でした。

そのまた次の日は、奥様をズキューンと攻撃していました(泣)。


昨日音羽のお師匠様に、「太っていい感じになったけど、また同じことになりますよ。

分けなさい」とアドバイスいただき、再度別居です。


以前にも、♂の抜き差しがポイントです、と教わりました。

放っておいても産んでくれるのが一番良いけど、「仕掛ける」にはこれなんですね。


そして、この美しく優雅なイニリダエ羽衣ちゃん、

エリザベサエより合わせ難いとのことで、難易度高し。


エリザベもうまく行ったことないんですけど・・・できるのか私。

うーん、でもやる。


何度か、今だ!という時に合わせていたら、きっとそのうち何とかなる。

なるに違いない。なって~。


他にはない、たっぷりとなびくヒレと、品の良いブルーの持ち主。

何とか稚魚の誕生を現実にしたいものです。


本当に羽衣みたい。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちょっとサービス


こちらは奥様です。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-奥様


ハミハミペッペしています。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ひらひら


唇は厚い(笑)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-なによ


さて、こちらも長らく別居中の、クルズィ・パラレルご夫妻です。

まったくパートナーに興味を示しません、と相談したところ、

間に紙を入れて見えなくすると良いとのことでした。


ダンボールはさんでみた。

左側に奥様と当て馬トーマシーなど。右が旦那さんです。ハニーと一緒。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-壁


男女7歳にして席を同じゅうせず。

次に会った時には新鮮に映るって感じかな?


アピストにも、ハッとする瞬間があるのでしょうか。

どうなんでしょう。

あると思ったほうが楽しいかな。


このペアも2回合わせてみましたが、うまく行きませんでした。

奥様鬼嫁、旦那さん大人しい。


昨日来たオトシンくんです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-オトシン  不思議な色と質感・・・昆虫っぽい。あるいはエイリアン!


あ、わかった。赤青黄色に塗ったら、メトロン星人だわこれ。

(おわかりでしょうか・・・古いです)


そして、ボレリィ王様です。

貫禄出てきた感じ?でもまだ小さいんですよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-王様

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あはは  にぱぁ~。(・◇・)この顔文字と似ている(笑)。

気に入ったショットのグリーンダータちゃんです。

正面から見ると、別人のようにイメージが違うんですよね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-コンニチハ


隣のテフェにフィンスプするシシタくんです。

肝心の背びれ折っちゃって、迫力ない(泣)。


背びれ折ると治りませんね。悲しいです~。

ブルメタとオレンジ色はとってもきれいなのに、惜しいわ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-背びれがねー


稚魚さんたち、お父さんを超えるでしょうか。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  元はこんな立派な背びれでしたの。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

フラレタ・・・

09-08,2012

こんなことって・・・orz

まぁ仕方のないことではありますが。


息子が塾に行っている間は、Anに行ける貴重な時間です。

今日はオトシンが欲しかったので、いつものように電動アシストママチャリで音羽に向かいました。


お店の外に停まった車で、誰が来ているかがわかる。

この方、オトシンを50匹もお買い上げですよ。


ナンなんでしょうね。業者さんでしょうかね。

普通買いませんよね?50匹。ぷぷ。


私は10匹お願いして、その他にあれやこれやお願いして、

では失礼しまーす!と出ようとしたら・・・あれまー、大雨です。


何この展開。

帰れませんがな(泣)


しばらく雨宿りさせてもらって、止んだかな?と外を見る。

なんだか激しくなっていますけど~。


閉店後のお店に取り残された、迷惑な客です。

あーあ、10時過ぎちゃった。


師匠は意地悪だけどお優しいので、全然平気と言って下さいますが。

恐縮ですm(_ _)m


待っていても止みそうにありません。

大粒の雨が、街灯に照らされて白く光りながら落ちてきます。


しかし、我が家の周囲は降っていないらしい。

同じ区内で不思議です。


少し小降りになったところで、傘をお借りして帰りました。

ホント世話の焼ける客です。


自転車置きっぱなしです。

人質です。イヤ、モノ質です。

近いうちにまた、行かねばなりません。


夜遅い電車は苦手です。

酔っ払いが多い。


目の前に座っている女性、30歳前後かな?泥酔しています。

黒いジャージのミニワンピースから生脚にょっきり。

あわわ、見えちゃうよ、ハラハラ。


バッグの口開いてるし、もう大丈夫かしらこの人。

座席に突っ伏して寝たり、起きて髪をかき上げたりしていますが、目が完全にもうダメ。


女の人がそんなになるまで飲むもんじゃないでしょ~。

危ないですよ。


女性が見える位置に、座席を移動してきた人がいる。

イヤですねー。


でも、これは酔っている女性にも責任があるなぁ。

無防備過ぎます。


気になりつつ、乗換駅で降りました。

あの人無事だっただろうか。


さて本日の画像です。


稚魚水槽の子です。

プルクラ・アバカシス・ウィルヘルミーだと思う。


体型、尾びれの形、特徴が出てきています。

一番たくさんの卵、一番悪かった歩留まり。

難しいね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ウィル?


この子は・・・誰なんだろう(爆)

ウィルヘルミーかエレムノピゲかのはずなんですけど・・・。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-だれ?

わからない(^_^;)。

成魚でも、メスだとサッパリわからない私。

稚魚なんてもうお手上げです。


すくい漏れたビタエニ・シシタの可能性も無きにしも非ず、です。

おわかりの方、教えてください!


そして、あご下真っ黒のハニードワーフグラミー(ワイルド)です。

とにかく速くて、まともに撮れません。

ブリードとは違う、深みのある色合いがきれいです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-真っ黒


後姿になっちゃった。しかもピンボケ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ハニー


そして、やっぱりボレリィ王様です。

きれいなんですもん。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-やっぱり王様


オトシン10匹は、無事にあちこちの水槽に入りました。

地味だけど欠かせない存在、オトシン可愛いよ♪


オトちゃんと呼んでいます。

ほとんど、コケ取り要員としての価値しか認められていない子ですが、

愛嬌があってキュートですよね。


よく働くおりこうさん。

長生きしてね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  この日記、どの部分にポチをお願いするのだ??ああん?
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

時には漫画のような

09-07,2012

水換えの時にそれは起こりやすい。

誰も見ていなくて良かった、特に家族に知られなくて良かった、という事態です。


別に、隠し事してマズイってわけではなく、ただドジしてカッコ悪いだけなんですけど。

威厳などゼロになりますのでね、息子を偉そうに叱るのに支障が出るのです。


以下は、以前やったこと。

敢えてネタにはしませんでした。


APAP屋上に水草水槽があるため、水換えは簡単ではありません。

水換えゾウさんという優秀な道具もありますが、60cmに立ち向かうには非力です。

何往復するのやら・・・しかも椅子に乗っての作業ですし、無理。


ポンプを使って、キッチンのシンクに置いた赤いバケツから送り込みます。

水は高きから低きに流れるのですが、それを無理やり昇らせるのです。


グイーン。速いよ。


あっという間にいっぱいになりました。よしよし。

コンセント抜いて、一休み。


していたら、あらら~、水がバケツに戻ってきてるしあせる


そうです高きから低きに・・・です。

どんどん水位が下がる水草水槽。


ああもう、ホースの先端が水に浸かっているのが悪いのよ。

アホだなぁ。もう一度。


コンセントを抜いたら速攻で椅子に乗り、水槽のホースを取り外す。

結構忙しいです。


さすがに、同じドジは繰り返しません。

で、今日はまた想定外のことが起きました。


屋上水槽の排水をする・・・プロホースに普通のホースを接続して、ベランダに直接流します。

とってもラクです。


プロホースの先端は、一般的なホースの規格と合うように作られているんですね。

偉いなー。


ライトは水槽の上に直置きスタイルなのですが、こいつをずらして作業していたところ、

ガタンといって視界から消えました。


落ちた・・・壁とAPAPの間に吸い込まれて行った・・・。

2号棟は、奥行きが浅いのです。

1号棟と並べて面を合わせてあるので、隙間が結構空いています。


んー、なんて無意味な照らし方なんだ。

最下段までは落ちずに、途中で引っかかっています。間抜けな絵です。


これAPAP水槽台後ろで、こっち⇒壁です。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ライト  取り出すの手間だった汗


手前はテレビの棚です。

これを動かして、ライトを引っ張り出しました。


薄型テレビで良かったよ。

古いタイプだったら重くて泣いています。


こういう棚を動かすと、お約束の綿ぼこリがすごいです。

ついでにお掃除、きれいになった音譜


まぁ他にも、水浴びたりぶちまけたり、いろいろやっています。

だから、水換えは一人の時に限る。


さて画像です!


近頃出ないとご指摘いただいたグリーン・ダータ君です。

元気ですよ~、可愛いです。


大体浅めの緑色ですが、中にはもっと渋い体色の子がいます。

濃い茶色寄りでカッコイイ。大きい個体です。

ただ、遠くて速くてすぐ隠れて、撮らせてくれません。


食後でおなかぽっこり。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-食後


透け透けダータちゃん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-透け透けダータ


我が子をを見守るボレリィお母さん。

しっかしパイプ汚いな~あせる


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-見守る


稚魚の生る木。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-稚魚の生る木


やっぱりボレリィ王様。

だってきれいなんですもん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-フレームアウト  ヒレの先端切れちゃった汗


しっかり撮れぇ!と吼えています。ピン甘御容赦m(_ _)m


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ヘン顔


腹ビレ伸びた気がする。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-腹ビレ


ちょっと暗いけど、修正なしで。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-伸びた


こちら可愛い奥様です。

産んでいいのよ、遠慮なさらずね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-可愛い奥様


なかなかいい写真は撮れません。

フィンスプもするのですが、とにかく見えない場所でやるんですよね。


そのうち、奇跡の1枚をモノにしたいです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ドジな管理人に愛を、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

日々変わる、パワーバランス

09-06,2012

昨日の状況が、今日も続いているとは限らない。

いえ、むしろ、変化していることが多いのが、アピストのペアの力関係です。


1日目を離した事が命取りになることがあります。

そう、まさに、命取り。


今緊張状態にあるのが、ボレリィ王様の宮廷と、イニリダエ羽衣邸です。

ここは目が離せません。


まずボレリィですが、王様の君臨っぷりは相変わらずで、

同居魚を殴って回るブラインタイムです。


「ぱくぱく」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぱくぱく


「美しいものは強いのよ」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-君臨王様


「わかる?」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-わかった?



そしてここに、新たな勢力が生まれてきました。

当て馬のシシタ子に変化が。


「ぬぉ~ん」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-睥睨


これです。

圧力オーラを振りまきながら、斜めの姿勢でゆっくーり辺りを睥睨する。


「オレの縄張りよ~」って重く主張している感じですね。

ひれを動かさずに、周囲を圧倒するような動きを見せます。


どうやら成長して、自分の居場所を確保し始めたようです。

そして、ボレリィ正室さんを追い始めました。



「あいつ、私をいじめるわ」

シシタ子はかなり小さいのですが、気が強いようです。

この奥様は鬼嫁と違っておとなしい。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-体格差あるけど


「ボクだってきれいだもん。だから強いのさ」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-強い


はいキミ、お引越しね。

元の60cmにお帰りください。


「え?引越し?え?」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-つーん


やはり、この子はきれいなのです。

他の子は地味、フナ。


この子なんて、ラテラルバンドもないし。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-地味


これでまた様子見です。

とにかく♀ちゃん大事!が鉄則。


もうひとつ、目が離せないのがイニリダエ羽衣ご夫妻です。


同居当日、イチャイチャ ラブラブ ⇒ 翌日、旦那さんが奥様無視の感じ ⇒ 2日目、攻撃してるしあせる


(´・ω・`)・・・てな感じに移行中です。


当て馬を投入し、様子見です。

あのふっくらお腹はフェイントか?


なかなか思惑通りには運びません。

これがまた、ハマリ度高くなる要因でもありますが。


最後に和みの画像を。

ボレリィ側室さんと稚魚たちです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-おちび


食後のひととき。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-和む


毎日、ニコニコの種をくれるアピストさんたちです。

感謝!


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ウチの子ボクに似てきたみたい。ポチ♪
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

APAPフラップ落下対策/8月生まれの稚魚たち

09-05,2012

APAP水槽台の扉と言うか蓋というかフラップ、

作業時には跳ね上げて固定できるように、マグネットキャッチを取り付けています。

あれはAnのNEWSにもありましたが、棚板の上部ラインに合わせて横向きに付けるのが、

もっとも止まりやすいようです(文字で書くと難しいですね)。


フラップを跳ね上げた時に、棚板との間に微妙に隙間ができるのですが、

その間隔が均一ではないのですね。上に行くほど狭くなっています。

お持ちの方は頷かれるかと推察いたします。


私は縦に適当に付けたおかげで、マグネットの接点があるやらないやらといった頼りなさで、

時々バタッとフラップが腕を直撃すると言う事態に直面します。

止まりはするものの、ちょっと触った拍子に落ちてきたりするのです。


これ、痛いです(笑)。


笑える程度の痛みではありますけど、線を引いたようなあざができます。

ギリギリ前面に水槽を設置していたら、フラップがバンッと落ちてきて、

ADAのカッコイイ水温計を2本砕きました。


これも、痛いです。財布に(笑)。


あの水温計すごくいいけど、何本折っただろう。

落とすとすぐ割れます、当然か。


落下対策に、2箇所にマグネットを付けている方もいらっしゃるようですが、

今日、良いものを見つけました。

見た瞬間、使えそう!と思ったので早速お試し。


大手100円SHOPで発見しました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-100円SHOP

接着していません。マグネットなので、勝手にくっ付くおりこうさん。

パチッと止まって、しかして強過ぎず、いい感じです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-くっつけるだけ


厚みが空間を埋める効果もあり、接着などの手間もなく、我ながら良いアイディア♪

もう落ちた扉でアザ作ることもないわ、多分。


普段行かないお店にたまに行ってみると、面白いですね。

内村航平選手が大好きだという「ブラックサンダー」のシリーズもの、「ビッグサンダー」もありましたよ。

初めて見ました。


チョコレートは大好きですので、買ってみました。

1個50円、安い(笑)。


食べてみた。

うーん。

特にハマリ要素感じませんが・・・。

ブラックサンダーはもっとおいしいのかな?


これも食べてみたいものです。

どこにあるんだろう?

東京在住ですが、見たことないです。


それにしても、いかにもストイックそうな金メダリストが、

30円とか50円のチョコレートを大好きというのも、なんか可愛らしくていいですね。

そのギャップが素敵です。

敢えて萌え、とは言わないでおこう(笑)。


さてさて、こちらは萌えます。

ブラインでおなかいっぱいの、ボレリィおちびさんです。


スポンジ上で一休み。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-おなかいっぱい


なにやら地球外生物のような怖い顔ですが、お母さんと一緒に。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-お母さんと

ボレリィ稚魚は8月24日夜生まれです。

流木下に入って、裏返しになって産んでいました。


そしてこちらは、8月1日生まれのカカトゥオイデス稚魚です。

かなりしっかりしています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カカトゥ

集まっています。

全く水に触らずにいたためか、ミクロソリウムは枯れ枯れ(泣)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-集まれ


水草にちょこんと乗っているの図。

これが萌えずにいられようか、いや、いられはしない。反語。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちょこん


さあ、亡きお父さんを超えて行け!

きれいなブルーが出るといいな。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ 子育ては嬉しいです、ぽちぽち。

にほんブログ村
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ


にほんブログ村




読者登録してね

イニリダエ羽衣ご夫妻、別居解消♪

09-04,2012

8月6日にRioNerima邸より我が家にお越しいただいて、

「太ってもらうよプロジェクト」で単独飼育別居状態だったイニリダエご夫妻です。


ひと月近く経ち、かなりふっくらしてお腹を金色に光らせた♀ちゃんが、

盛んにお隣の水槽に突撃する様子を見せるので、旦那さんを入れて一緒にしてみることにしました。


どうかな?


おお、いい感じ。

攻撃の姿勢は皆無です。


まずはスポンジ下でスタンバイ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-まずはスポンジ下


♀ちゃん。

あら?誰か来たわ。ドキドキ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-羽衣奥様


挨拶代わりに、ちょっと広げました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-オレこんなよ


おおっ、可愛いお嬢さん。ふっくらいいじゃないのドキドキ

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-およ?


寄り添って、


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-接近


語りかけて、

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-お嬢さん~

ダンス


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダンス~


ダンス音譜


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダンス


ふるふるふるっと何度もアプローチ。

広げるのではなく、ほっそりとします。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ほっそり


ブルーがきれい!

つまらないのか、絡んでくるフライングフォックスです。

話がややこしくなるから、あっち行ってなさい(笑)


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-フォックス


カッコいいわ。

ハート射抜かれちゃったかしら。ポッ恋の矢

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カッコいいわ


ラブラブラブラブ


「つまんね~あせる」 by フライングフォックス


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ラブラブ


ああ楽しい。


でもまだ産んでいません(笑)


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ほれ行け~!のポチポチお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。