スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めったに登場しない子、ウィルヘルミー

04-11,2013

プルクラ・アバカシス・ウィルヘルミーです。

独特の流線型ラインと色、泥棒ひげみたいな口の周り。

個性的で素敵なアピストだと思います。


でも苦手だった。

初カラムナリスにしてしまったのもウィルヘルミーだったし。


3桁産卵で感激したのに、ある日突然ガクンと稚魚が減って戸惑ったのもこの子でした。

稚魚の多さに惑わされ、ブラインが増えてアンモニアが出て、

水槽コンディションが下向きになってしまったのが原因のようでした。

散々警告されていたのに、やってしまったんですねぇ。


ハイおさらい、「ブラインは一定量!その水槽に対して、一定量!」

「魚の顔を見てブラインを与えると、失敗する」


ウィルヘルミー、結局残っているのは十数匹です。

1年ほど経ちました。

私のアピスト経験が、ようやく1年半くらいですので、古株です。


ボディカラーは金色です。

この子たちは、特徴的な泥棒ひげがまだ出ていないかな。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぷんすか


ここに、紫、渋いオレンジ色などが乗ってきます(予定)。

エリザベやメンデのようなパッと見の派手さはありませんが、

よく見るととても複雑な多色を持っていて、う~んとうなってしまう種です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ウィル君  こちらは、

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ウィルヘルミー  在りし日のお父さん。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-背びれ  カッコ良かったね。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-咆哮  うぉ~!


以前も登場させたこの子も同種なんですけど、どこかで間違ったようです(笑)。

ウィルヘルミー要素ナシの体色です。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-墨黒


以前のゼミで、ネグロのpHは上流から下流までほぼ同じ、4.5±0.5だと聞きました。

最高で5.2だったそうです。


ちなみに、ウチのビンデン水槽は5.0でした。

エリザベは・・・あら~、ちょっと高い(汗)。

産まない理由はこの辺りにありそうです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ ビタエニは東京都水道水のpHで行けちゃう。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね
スポンサーサイト

F1あれこれ

03-14,2013

苦手意識の強い、プルクラ・アバカシス・ウィルヘルミーです。

若葉マークで飼って、餌取りの速いカラシンと一緒にしていてブライン与え過ぎ、

初・カラムナリスにしてしまったおさかなです。


悲しかったですねぇ。

鮮明に、辛い記憶として残っています。


その後、もう一度飼ったウィルヘルミーですが、どうもうまく行きませんでした。

3桁産卵してくれたのですが、ある時点でガクンと減りました。

F1は残りましたが、稚魚も育ちが悪いです。やはり苦手かも(汗)。


水草混泳水槽にいます。

最近は、小競り合いを見せるようになりました。


まだまだ若い感じです。独特の泥棒ひげ色が出ていません。

お父さんはきれいでした。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ウィル子


手前の子は黄色いです。

♂♀がわからないのですが、ケンカしているのか、アプローチなのか?
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぶんぶん


女の子?
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-めす?


こちらはカンディディ・マニコレのF1、まだ赤ちゃんです。

今までは、全部消えた(汗)。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カンディディ子


今回は残るかな?

きれいで可愛いお母さんです。

しかし藍藻すごいです(笑)。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-順調


メンデジィ母、とりあえずまだ黄色ですが・・・稚魚は消えそうです。

昨日の時点で、一人っ子になっていた模様。ニモか(笑)。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-とりあえず黄色


カッコイイお父さん

そんなにバカじゃない、ように見える(笑)。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-メンデ♂


ワイルドのハニーもいるのですが、ちっとも産む気配がありません。

泡巣見てみたいんですけど。


ベテランさんたちにとっては、夏が来る前に勝負!の春ですね。

あちこちから嬉しい便りが聞かれるでしょうか。わくわく


どこで産まれても、それは喜ばしいお話です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  あとはエリザベか!難関~。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね

ウィルヘルミーきれいだった・・・ウチの子はイマイチですが。

11-19,2012

昨日Anで見たプルクラ・アバカシス・ウィルヘルミーが美しくて、忘れられません。

以前飼っていたウチのウィル君は、ちょっと不遇だった。


悲しい思い出とともによみがえる子です。

今でも、ゴメンって思う。

きれいだったな。


でも、今回来た子は、さらに一味違います。

ドキッとするような色をしていました。


時間の経過とともに、どうなって行くんだろう。

ずっと売れないでいてくれないかな(笑)。

見ていたいから。


ウィルヘルミーは154個の卵を産んでくれたのです。

私としては最高記録です。


途中まで順調で、ずっと稚魚ワラワラ状態が続いていたのですが、

ある時急に減り始めました。


原因がわかりません・・・が、私の悪業の結果だそうです(by 師匠)。

それはそうでしょう。

減ってしまう理由があって減ったのです。

そして、水槽を管理しているのは私であって、魚には何もできないのですから。


ちょっとだけ残っているF1、しかしサイズがひどくバラバラです。

この子は一生このサイズなんだろうか?と心配になるようなちびっこがいます。

3月23日生まれですが、1センチちょっとのままです。


この子はまぁまともに育っています。

でも期待していない。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ウィル


ここから昔の画像です。

在りし日のお父さん。

独特の色合い、泥棒ひげが特徴です(笑)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-泥ぼうひげ


変顔!

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-変顔


長いひれ・・・きれいだったよ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-在りし日の


フィンスプレッドは滅多にしてくれませんでした。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-フィンスプ


最初のウィル君は、初めてのカラムナリス罹患者にしてしまいました。

エサ取りが猛烈に速いカラシンと一緒に飼っていて、ついブラインを多く入れていたのです。


体が白っぽくなり、流木下にもぐって出てこなくなりました。

たまに出てくると、挙動不審な泳ぎ方をしていました。


あれがカラムナリスだ、と学ばせてくれたおさかなです。

2匹めも病気にしちゃったのよね・・・。

どうも相性が良くなくて、うまく行かないトラウマになっています。


師匠に低pHが下手だと言われる一因になった子でもあります。

今季は克服したい、昨日のゼミのタイトルのように。


勉強することがあるってのは、幸せなこと。

ね~♪


プルクラ売れませんように。

あはは。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ピートが味方してくれることを祈る。ぽちぽち~。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村


読者登録してね

行方不明/夏のネグロ河を思う

07-05,2012

一昨日から、ウィルヘルミーの♀ちゃんが見当たりません。

流木の下、2411の後ろを捜索するも、いない。


トニナの間に指を通して探してもみたけれど、見つかりません。

何より、ブラインタイムに出てこない。

これは決定的では・・・。


どうしたんだろう。

飛んじゃったの?


オープンですが、ふちありなので大丈夫だと思っていたんですけど。

浮き草撤去がまずかったかな。


いろいろ悲しいです。

でもこれも、生き物飼育のうちですね。


浮き草は重要だったのだ。


「この子を探しています」。お若い頃の写真にしました。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-うぃる

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ウィル♀


154個も卵を産んでくれた、立派なお母さんでした。

おちびたちは元気だよ、だいぶ減ってしまいましたけど。


25キューブのトニナ水槽で暮らしています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-うぃるちび


さて、稚魚さんたち。

この夏を無事に越せるでしょうか。


私にとって、アピストをちゃんと始めてから、初の夏なのです。

震える。


モーリーやプラティは、夏場は厳しかったですね。

当時は熱帯魚って、熱帯って付くから暑いのは平気なんだと思っていました。


違うんですよね。

イケセイの熱帯魚売り場で(ここは西武の中では忘れられた空間に近い)、

店員さんとお話したのを憶えています。


プラティは30度超えると厳しいです。

熱帯魚って、意外と適応温度の範囲が狭いんですよ。

カージナルテトラは平気です。


扇風機で水面に送風して、2度は下がるのを確認しました。

それで、暑さで逝ってしまった魚はいませんでした。


先日のアピストゼミでは、赤道直下のネグロ河で、

何故水温が上がらないかのお話がありました。


・両岸に樹木が生えているため、日照時間が短い。

・流れているので、さほど水温は上がらない。


なるほど。


そして、ネグロ河は上から下まで低pH、最高で5.2だったそうです。

4.5プラマイ0.5、低いですね~。


見たことのないものを、頭の中で想像するのは簡単ではありません。

でも描いてみる。

そして、目の前の水槽を、見る。


美しいエリザベくん、何の因果で、キミはここにいるの?


そして、来てくれて有難う、って言ってみる。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ボクはペルーから来たのよ、ぽち♪
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね

ウィルヘルミー稚魚お引越し

06-21,2012

調子下降傾向と思われる水槽をひとつ、リセットしました。

プルクラ・アバカシス・ウィルヘルミーの稚魚がいたところです。


100匹以上ワラワラ泳いでいたのですが、このところどうも急激に減り始めた気がして、

どうも気のせいではなく実際に減っていて、まずいと思ったので。


師匠に相談してちょっと別水槽に分けてみたのですが、

もう移動しても大丈夫そうなので、全員引っ越させてしまいました。


お引越し先は稚魚水槽です。

アピスト幼稚園withトニナです。


先輩のビタエニアータ・シシタちびと、

エレムノピゲちびがいます。


ウィルちびはかなり小さいです。

個体差もあります。


ちっちゃいのは本当に小さい。

餌食べられなかったのかな?


ブラインが少なかったとは思えないのですが。

だって、恐らく餌が多すぎて水質が悪化したと推測されるので。



お、新入りだね。

ちっこいね~。


よ、よろしくお願いします。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちびだな


おちびさんが来たんだって。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちびちび


いたぞ。

隅っこに行かなくてもいいよ~。


仲良くしてね。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-すみっこに


引越し後の水槽はごみを掃除して、5リットル水換えしました。

特攻隊に選ばれたのはこの方。


レッドショルダー・ホタルテトラさんです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-特攻隊

とりあえず高級カラシンなんですけど、いいの。

今この子達、あまり厚遇されていないのです。


だってね~、色は落ちるしすっかりおでぶになっちゃって、

カラシンのくせに大き過ぎて可愛くないんだもの。


まぁ私のせいなのですけどね、うん。

とにかく食いしん坊で、餌の食べ方のがっつきっぷりはもう・・・品がないです。


この子たち見ていると、アピストは可愛いなぁと思いますね。

同居の小さい子は、餌取り合戦に負けてしまって痩せました。

混泳注意ですよ、このカラシン。


残りの子達は60cmに住んでいます。

今ここにはアピストを入れていません。

トニナを育てています。


おい、がっつき。


え?ボクたちのこと?

すごくきれいって言われるんだよー。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-くいしんぼ


確かに購入当初は感動の美しさでしたけど、色抜けたもん。

つまらん。


どうしたら元の色に戻るんだろうか。

あの、私を驚かせてくれた蛍光ブルーは今いずこ。

いろいろな水槽に入れて、実験してみようかしらん。



おまけ:本日の、働く方々、鋭意お仕事中。


おなじみ、オトちゃんです。

愛嬌があってかわいい。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-おと


フライングフォックス君。

確かに黒コケが激減しますね。

偉いぞ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ff


ヒーターなし水槽でも、水温26度になりました。

いよいよエアコン稼動です。


夏が来る・・・東京の夏は苦行です。

アピストも心配ですが、私自身も夏は苦手です。


自分の汗でかぶれるんですよね。

どんだけ毒々しいんだ私の汗?


いえいえ、お肌がデリケートなのです。

ということにしておいて~。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  僕らの肌もお水で変わるよ、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。