スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色い♀ちゃん

08-02,2013

夏休みで息子が家にいて、さらに多忙です・・・。
私の帰宅を、「お腹空いた!」で出迎えてくれるんじゃないよ~(泣)。

可愛いアピストたちが、疲労回復の元です。
偉い子たちですよ。

ウチのアドケタは品が良いので、アピたちを襲ったりしません。
だから、同居のさかなは勝手に好きに暮らしています。

ビタエニアータ(なんと久々に出てきたこの名前)・テフェの♀ちゃん(未亡人)と、
プルクラ・アバカシス・ウィルヘルミーのF1♀ちゃん(taketatuさんのところに行き損ねた)、
この二匹の仲が悪いです。

テフェちゃんは、別の水槽ではずっとフナっ子でしたが、
ここに来てきれいな黄色になりました。

勿論、卵を産もうというわけなどなく、ケンカのために黄色くなっているようです。
しょっちゅうプンスカ合戦をしています。

テフェ未亡人。
DSC_8109s.jpg

ウィル子さん。
DSC_8108s.jpg

ぷんすかぷんすか。
DSC_8151s.jpg

睨みつけております。
DSC_8153s.jpg

まぁまぁ、穏便に。
割って入るアドケタ奥様です。
DSC_8155s.jpg

攻撃するどころか、喧嘩の仲裁までするアドケタです。
なんて賢いの♪

あ、トーマシーにはちょっと強く出ますけどね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ おりこうさんなのよ。ぽち。
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

兄弟喧嘩も美しい~

01-28,2013

ビタエニアータ・シシタF1のオレンジ組が、

ふと見るとフィンスプ合戦をしていました。


咄嗟のことだったので増灯なし、

あまりきれいに撮れなかった(泣)。



「行くぜ」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-4



「オレが1番」

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-3



「きれいなのさ!」

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-2



「なっ?」

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-1



ブンブン!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-5



育ったねぇ。

あれこれアラは見えますが、ここまで大きくなってくれて嬉しいです。


それにしても、簡単じゃないな、と実感しますね。

今いるおチビたちは、どんなふうに育っていくんだろう。

魔の3週間は、何をどう方向づけただろう。


答えはいずれ出る。

ゆっくり、楽しみに、待ちます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  自然は偉大だ。ああベタだ。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

トリファその後と、ビタエニアータ・シシタF1くん

01-16,2013

雪の次の日は晴れることになっていますね。

空気が洗われたような、清浄感があります。


さて、殿いきなりのご乱心で別居に至ったトリファご夫妻のその後です。


⇒ トリファ♂くん、アナタにいったい何が・・・  


土管の中でグタッとまっ黒く横たわっていたお母さんですが、無事に黄色も復活しました。

ただ、まだビビッています。


それまで優しく頼もしかった旦那さんに突きまわされた上、

巨大な網が入ってきて同居人をひっさらって行ったわけですから、

それは恐怖体験であったことでしょう。


一人っ子になってしまったかと思われた稚魚ですが、5匹ほど確認できました。

母子家庭となった今、このまま成行きに任せてみます。


それにしても、原因がわかりません。

稚魚が消えて♀ちゃんが弱くなって♂くん暴走、というわけでもなく。

魚の抜き差しをしたわけでもなく。

隣の水槽をいじったということもなく(隣の♂を抜いたら状況一変、と言う経験はあります)。


とにかく、何も触っていないのです。

何がスイッチ入れたんだろう。


不在だったから、本当にわかりません。

ただ、それまで仲良く、お互いを攻撃することもなく、

理想的に稚魚を守っていたペアのパワーバランスが崩れた、

という事実を受け入れるのみです。


放置しているので、たなびくアオミドロ(笑)。

アピには良いそうですが。


お母さんの尾びれが裂けているのがわかります。

でも無事で何より!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-もやー



あまりモワモワにコケると、稚魚が引っ掛かって死ぬことがあるそうな。

それは避けたいので、ちょっと吸い出しましょうかね。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-もわもわ



さてさて。

前回の記事にちょこっと載せた、ビタエニアータ・シシタのF1くんがなかなかの評判でした。

有難うございます。


何も知らない初心者の私が取った初F1で、今思うと笑っちゃうような状況を憶えています。

抱卵の確認もできず、産んだのも気付かず、とぼけた日記を書いていました。


Anのお師匠様から「産んでいますよ」と教えていただいて、

ドキドキしながら流木をめくったものです。


88個の、濃いピンク色の卵。

感激しましたねぇ。


2012年の2月4日です。

もうすぐ1年になるんだな。


つい先日のような、遠い過去のような。

ちょっとは進歩したのか私?


魔の3週間という言葉も知らず、ただただ見ているだけだった日々でしたが、

シシタ稚魚さんたちは丈夫で結構残ってくれ、ミクロソリウム水槽を彩り、

はたまた新規導入アピストの同居人として活躍しております。


色が特に鮮やかな子を抜きましたが、やっぱり出来は良くないんですよね。

簡単じゃありません。実感しています。


こうですもん。


まず、頭の形ですが。

何度も書いている「絶壁君」です(泣)。

丸くないです、サンマっぽい。

これはNGだそうです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-横目



左側を見ると、ラテラルバンドが乱れています。

ガタガタだ~。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-なびく


難しいものですわ(泣)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-しした



2年生の私が見ても、60点かなぁといったところです。

先輩方の目には、ましてやプロの目には、どう映ることやら。


それでも可愛いことには変わりありません。

とても大切に、愛しく思っています。


なんたって、この色!

キラキラのブルメタほっぺ、長いヒレは濃いオレンジで、親を超えています。


せっかくだから、画像もう少し。

水槽後ろにばかりいて、ほとんど撮らせてくれない子たちです。

ちなみにオレンジ組ツートップ。


なーんか、間抜け顔なんですよねぇ。

この子はNo.2です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ひらり


上とは違う個体です。

この子が一番鮮やかですが、本当に出てこない!

たまに出て来ても素早過ぎて撮れない!

今はこれが精いっぱい(このセリフでピンと来た人いるかな(笑))。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ししたこ

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-うぉー  誰が間抜けだとぉ!?



オレンジが出ていないブルメタくんもいて、これまたなかなかの美しさです。

アピストの楽しみは、サイクルが長いね。


まだまだ成長が待たれる稚魚がいっぱいです。

ボレリィ王様稚魚もたくさんいますしね。


お楽しみはこれからだ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ボクは丸顔よ、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

決定的瞬間を見てしまいました。

12-09,2012

昨日はAnに行ってきました。

暖かかったですね。


11:30a.m.の抽選には参加せず、のんびりと自転車で。

店内ごしゃごしゃかなぁ。

お店が見える・・・あら空いてる?


去年は先着順で並んだので、すごい混雑でした。

今年は方式を変えてくれたおかげで、酸欠になりそうな状況ではありません。


コンニチハ。

「15番です」と付箋をもらいました。


まだ1番の方が接客中でしたので、果てしなく遠くにワタシの順番が見える。

水槽を眺めているうちにカミユさんやハマさん登場。


1番引きました♪とニコニコ顔は、「Go!Go!アピスト」のマタタビ3号さんです。

記事アップ楽しみにしています、と言うと、出張続きでお忙しいのだとか。

大変ですね。

気掛かりでしょうね、水槽。


さて、私が今回見たかったのは、テレオキクラなのです。

ちょっとダータとも通じるところのある、魚っぽくない子です。


どこかな・・・いた。

やっぱり可愛いっ!可愛い可愛い可愛いぞ。


この顔たまらんわ~、お口パクパク、喋りそう。

魚とハイズリモノの間に位置するような、この中途半端なたたずまいが何とも素敵です。


私、純正アピストより、ちょっと外れたカテゴリに入る子の方が好きなのかもしれません。

カンディディとかダータとか、これとか。

アドケタも大好きですし、アピストじゃないのばっかりだ~。


何でだろ。

我が身と重ね合わせて、共感するところがあるのかしら。

あまり考えないことにします。


テレオキクラ、地味な子と、多色を持っている子がいます。

やはりカラフルな方がチャーミングね。


カミユさんがいろいろ説明してくれます。

肉食系、でっかくなる、などなど。

ちょっと難しいですね。

単独飼いでしょうか。


で、結局全然違う子を連れてきました。

1匹、「連れて行け。どうしても連れて行け!」と、

午前午後に渡って強力に訴えかけてきた子がいたので、そいつを含めて。


とにかく、水槽の前に立つとサーッと寄ってきて、離れないのですよね。

じっと見つめられて、まっすぐなアプローチにあっさり陥落です(笑)。


まだお披露目しません。

ふふふ。


導入も終えて一段落、外出していた息子が聞いてきます。


「何買ったの?」


ソイルとか。ほらね。


「魚は?」


なんで詰問口調なのよ(汗)。


でもこの人はさかなに興味がないので、水槽を見ようとしません。

これで良いのだ。


しかし、意外に早く帰宅した夫が、まだ消灯していない水槽をじーっと見ています。


「このデカイの何!?」


あ、可愛いでしょ~?


「可愛くない。ぜんっぜん、可愛くない」

「高そうだね」


そんなに高くないよ、もごもご・・・。


てな会話をしました。

ばれた。

当たり前か。


約一名、流木下から出てこない子がいます。

結構神経質で繊細なのかな。


頭が良いんでしょうね、2~3日かかるかもしれません。

ブラインはちゃんと食べたので、大丈夫。


んで、決定的瞬間とは何かと申しますと、テフェです。

今日確認したところ、卵がたったひとつ残っているのが見えました。


孵化して移動させたという可能性は考えられますが、

やっぱり消えたか、と思った次第です。


そして、残ったひとつを、まだ黄色いお母さんがパフパフしています。


パフパフ、パフパフ・・・パク。

ありゃ。

食べちゃった。


オシマイ。


追加:画像がないとつまらないので、載せます。


昨日の状況です。

お世話中ですね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-8日


隣を威嚇。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-威嚇



黄色いボディにブルーの目がキラキラで、美しいお母さん。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-目



この子もブルーがきれいでしょ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-青


こっちも来たかも?

流木下にもぐっているカンディディ♀ちゃんです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-カンディディ


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  流木準備して次~。希望が見えました。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

ああ~、テフェちゃん!

12-07,2012

地震がありましたね。

結構揺れて、水槽の水が少し床にこぼれました。


皆様、水槽も、ご無事でしたでしょうか。

地震は怖いです。


Anはどうだろうと気掛かりでした。

セール前で、商品が高々と積み上がっていたんじゃないかしら?とか。


1Fの店舗なので、さほど揺れは強くないと思いますが、何事もなかったことを祈ります。

師匠大丈夫ですか?と聞きたかったけれど、お忙しいだろうから自粛。


3.11の記憶がよみがえる。

あの時は、水槽の半分くらいまで、水がなくなったっけ。

まだ生々しい感覚です。


さて。


昨日、ぷくぷくのお腹が、もしや?と思ったのです。

ほんのり色付いているようにも見えたし。

抱卵しているんじゃないかな、と感じていました。


そしたらやはり。

ブラインタイムに出てこない。

これは来た・・・んだけど・・・。


流木下に目を凝らしても、♀ちゃんの姿が見えません。

♂君が底床を移動しながらエサを食べています。


テフェちゃんどこ~?

おかしい、いない。


ああ~!

そこ?


ごめんね、この流木じゃダメだったんだね(泣)。


葉っぱの裏。

これは初めてです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-たまご


良さそうな場所がここしか無かったのか・・・。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-てふぇ


♂くんは今、普通の状態じゃないのです。

痩せてしまって、ほぼベリースライダー状態。

この位置は無理ではないかと思われます。


うーん。

抱卵までは見抜けたのに、詰めが甘いなぁ。


エビ土管でも入れたら良かったかな。
どうもテフェはうまく行きません。


ちなみに昨日の♀ちゃんです。

こうなったら産みますよ~、ってことで。

ご参考までに。


とほほ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-テフェ子


相変わらずへたっぴだよ私(´・ω・`)。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ まぁ次!って言えないところが何とも。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。