スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり浮上、既に1センチ。

04-12,2013

人間は人間で、猫はネコで、子供の産み方って一律ですけど、

さかなの場合はパターンが多様で面白いですね。


アピストを飼う動機の一つに、子育てする熱帯魚である、というのがありました。

子供の世話をするという点に、すごく心惹かれました。


魚類が子育てをする。すごくないか?

これは見なくてはなるまい、と思ったのです。


産んだ子を瞬時に食べる卵胎生メダカに悲しい気持ちになったのが引き金です。

お腹で孵して、稚魚で産む。

プラティやモーリーです。

しばらく飼っていて可愛かったけど、あれは見てしまうと辛かったです。


久々に、モーリーの産卵(じゃないな、出産?)に触れました。

藍藻や油膜を食べるブラックモーリーは、アピストのタンクメイトとして人気ですね。


低pHに住んでも大丈夫なクロモリが欲しかったので、

お腹パンパンの♀ちゃんを単独でブラックウォーター水槽に入れ、♂を同居させておきました。


月曜日に買ってきて、木曜日にはめでたく稚魚がいました。

大きい!

初めから1センチはあります。

アピストと全然違います。


お父さん。

お母さんは隠れていて撮れませんでした。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-父


バックも黒いので、地味な絵ですね~。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-稚魚


よく見るとつぶらな瞳で愛らしい顔です。

もうしっかりしていますね。生まれたばかりには見えません。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-クロモリ


こちらはビンデン子、先月22日に浮上したので3週間経ってこの感じ。

まだまだ危うい姿に見えます。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ビンデン子


本当に違うものです。

さかなって、大きさから姿形から生態から、

「さかな」ってひとくくりにして良いのだろうかと不安になるくらい、

いろんなのがいますね。


私は深海魚が好き。

今の技術では不可能だそうだけど、深海魚水族館ができたら絶対行きたい!


神様、なぜこんなへんてこりんな生き物をお創りになったのですか?

と心の内で問いかけながら、いろいろな答えを自分で用意しながら、ニマニマと楽しみたいのです。



おまけ:本日の、売るほどある流木。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-流木水槽


なんかいい感じです。

水入れたい・・・あぁぁ!


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  藍藻には悩まされっぱなしなので、期待の星!ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね

スポンサーサイト

オトコってやつは・ダータちゃんって子は

01-22,2013

まずはどうでもよい話です。

中学受験を終えた息子に、とりあえずお疲れさんのご褒美をと思いました。


何か食べたいものある?

連れてくよ~。


ここで、女の子だったらどう言うでしょう。

シミュレーションしてみます。


「わーい♪

あの雑誌に出ていたイタリアンがいい!

メインはお魚にしようかな。

あ、勿論デザートもね、お洋服はどれにしようかな?」。


可愛いですね。

便乗する私もムフフです。


しかし現実はこうなのだ。


息子、「ラーメン」。


・・・らーめんですか・・・。

ご褒美なのですが、一応。


まぁ仕方ありません。

男の子はこんなものなのでしょう。

近所の中華ファミレスにGO!


ラーメンと餃子と飲み物をオーダー、

全部平らげて「足りない」。


後で膨らむよ、と言ったのですが、「チャーハン」。

スープも飲んで、キミ3人前くらい行ったんでないかい?


案の定帰り道、「ああ・・・苦しい。うう」。

アホです。


アホな話はここまで、次はヒヤッとしたお話です。


健全な主婦である私は、毎日、お掃除お洗濯お料理をします。

掃除機をかけ、パーツを取り換えてAPAP台もブイーンとやります。


ふと床を見ると、黒い物体が落ちている。

さっきまでなかったような・・・なんだこれ?


わ、ダータだよダータ!(汗)(汗)(汗)!


あわてて手でつまみ上げて水槽に戻しました。

網を準備する余裕はありませんでした。


そうか、掃除機に驚いて飛び出たんですね、ごめんよ~(泣)。


グリーンダータ・テトラは普段ほとんど動かない子ですが、

びっくりすると狂ったように水槽内を暴れまわることがあります。


そのギャップたるや、SWのEP2におけるヨーダのようです。

そう、ドゥークーと戦う場面ですよ。


あれはいろいろな意味で衝撃的でしたねぇ。

(ここでニマっとした方、うなずいた方は同士よ)


ダータちゃんにしてみれば、平穏なひと時にいきなり黒く巨大な物体が現れ、

すぐ横をぐぉ~と往復したわけで、それは怖かったのでしょう。


6ミリあるかないかの隙間から、見事にダイブしたと思われます。

ライトとガラスの間がわずかに開いています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-出た


時々、こんな小さな隙間から・・・という悲劇が起こりますが、

体が通る大きさだったら、飛んでしまうことはあり得るのだと、改めて認識しました。


縁あり水槽だと、飛び出しはかなり少ないですが。

それでもダータは隣の水槽に飛んだことがありましたので、油断できません。


今回はすぐ発見したので良かったです。

危うく吸い込むところだったよ~。


水槽に戻してしばらくは固まっていましたが、

無事です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ダータちゃん


近頃ダータちゃんの登場がまったくありませんけど、ちゃんと生きています。

ただ、ほとんど奥の見えないところにいて、撮れないのです。


これは先週のダータちゃん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-先週


相変わらず可愛いねっ!

仲間が来るといいんだけどね。

待っております。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  そう、ドワーフ・シクリッドだもん、小さいんだよ。ぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

アーティスト

12-28,2012

壁面に現れた、アブストラクト・アート。

一定の規則性を保ちつつ、不規則に並ぶ四角い点の羅列。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-壁画



かなりの根気で点々打った。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-どっと



墨絵のようにも見えます。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-足跡


作者はこの方です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-作者



道具は自前だよ。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-自前



面白いので、プロレイザーの出番はしばらく先ね。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  アーティスト・オトちゃんに、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね

カンディディをお引越しさせました。

12-03,2012

あっちでトリミングしたり、水換えしたり、こっちを移動させたり、
ちまちまとやっています。

カンディディが2回産卵して2回とも消えたので、環境を変えてみようと思いました。

水草混泳水槽では厳しいのかもしれません。


消えた要因として考えられるのが:


他の魚に食べられてしまう。

CO2添加によるpH変動の影響。

それ以前に水が悪い。


あと、♂(お父さん)を独房に入れてしまった。

産卵後にハニー抜くのでかき回した、などがありました。


私が思いつくのはこれくらいです。

ハニーはヒドラ対策で抜けませんので、ペアを別水槽に移してみました。


カップルにスウィートホームよラブラブ

どうかしら。



アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-新居  スウィートというより、おどろおどろしいかな(笑)



避難パイプ・エビ土管もくっつけてみました。

ここで産んでくれたら見やすいな~、というスケベ心で設置したので、多分産まないでしょう。

流木下で産んだら、これはもう引っ繰り返せません。


11月4日と、21日あたり、2回産卵があったカンディディです。

同じメスじゃないと思いますが、お腹がふっくらピンクになったら抱卵です。


ピンクに見えるかな?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-おなか


見える気がします。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ピンク?


多分、当たり。丸っこいし。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♀



オスは一番きれいなヒレ長くんを選びました。

後ろの方にいて出てこない。

相変わらず美しいんですけどね。



隣人の方々です。

クルズィ・パラレルシュトライフェン奥様。

何やらボロボロなのが気掛かりですが・・・DVひどいんだわ、お隣のご主人!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぼろぼろ



愛人さんも同居していたそうですが、

大きな声じゃ言えないけど、昨日殺されちゃったんですって(泣)。


管理人さんが帰宅したら、倒れていたって・・・。

怖い人の隣に来ちゃったけど、こっちには来ないから大丈夫ね。

(by カンディディお嫁さん)



「ん?何か言った?

よろしくね、ちっちゃくてかわいいお嬢さん♪」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぱら



右隣はこの方です。

ビタエニアータ・シシタ子、青年、発展途上中。


まだまだイケメンになるよ~。

同じ水槽にカカトゥ子もいます。


「尾びれまでちゃんと写してくれよなー」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-シシタ子


元の水槽に残った方々です。

オス3号くん、ざくっとやられた尾びれが回復の兆しです。


でも、点々がない。復活部分は柄なしになっちゃうのかな。

この子は一番地味な♂。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-回復途上



2番目にきれいな♂2号くんは、コントラストが強くて色鮮やかです。

ヒレの長さでは1号ヒレ長くんに負けますが、色はこちらが勝ち。


でも、とにかく後ろの隅っこが好きで出てきません。

2411後ろにいます。

よって、残念ながら画像なしです。



残った♀2号ちゃんです。

この子もふっくら可愛いです。


「変ね・・・」

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-めす



「一番カッコ良かった人がいないわ。子供も産んだのに。ひどいわ」

なんて言ってるかな。ごめんよ。

きっと2号くんのヒレも伸びます、乱暴ヒレ長くんがいなくなったからね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♀2号



さてこちら、アンカーホッキングのジャーです。

侘び草・有茎草を植えています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アンカー  そもそもの始まりは、このグラスジャーだったのだ。



空に向かって手を広げているみたいで愛らしいです。

名前がわからない(笑)。キミはなんて草?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-侘び草


つやつや。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-わびくさ



これで水草水槽を作りたいなぁ。

やっぱり水槽足りないな。


あ~あ、欲張りだな、私。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  シシタは丸顔でおデブなんだって(笑)。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

いっぱい来ていました。ダータも来ていました。

11-17,2012

音羽詣の日でございました。

プラケにたくさん、たっくさんいました!


しかし、私が見ても「この子はだあれ?」状態です。

皆メダカみたいな同じ色に飛んでしまっていて、さっぱりわかりません。


カカトゥはわかった。

水槽に入れたら出そうな青が見え隠れ。


大きな♂くんでした。

カレイロ強烈ですよね。


エリザベは赤かったです。

やはり素敵、特別感が漂っている。

この子はちょっと違う。


早速広げてフィンスプ合戦も見せてくれました。

可愛過ぎます。いけない子たちです。


しかしみんなオスに見えるのですよねぇ。

求、♀ちゃん!


ダータちゃんは既に水槽に入っていました。

やはりかわゆいです♪


ウチのダータの連続撮影画像で、アナタのハートをKOしちゃいますよ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-1

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-2

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-3

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-4

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-5

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-6


最後ののけぞりが、たまらん(萌)。


それから、玄関のお出迎え水槽です。

ただいま~、とドアを開けると、これがある。

いいでしょ。

レイアウトは論外だけど。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-玄関


先日、トイレの壁紙を貼り替えに(息子がピリピリと破いた(ー_ー))業者さんがいらしたのですが、

同行の担当者さんが見入ってくれていたので、ひとしきりアピストについて論じました。


飼いたいんですけど・・・水換え大変ですか?

こういう反応は、とっても多いです。

私の友人たちと話しても、大抵、水換えがイヤだと言いますね。


大変といえば大変。

そんなことないと言えば、そんなことない。

何でもそうではないでしょうか。


好きなら楽しくなっちゃう。

そんなものです。


アピストは、手間のマイナス要因より、明らかに魅力が上回るので、

とにかく楽しいとしか私には言いようがないのです。

失敗すると、それは悲しいですけど。


この水槽の中で育つ、シシタの子です。

飛行機好き息子のカレンダーはブルーインパルスですが、

私の「青い衝撃」はこの子です。


1匹だけ、飛び抜けてブルーがキラッキラ。

頬もひれも、発光しています(笑)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ホント青い


実際はもっと光っているのですが。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ブルーインパルス


このオレンジ子と2匹が目立ってきれいです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-オレンジ


スポンジに入れたら、もっときれいになるんだろうな。

でも絶壁だからなぁ(笑)。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  絶壁は遺伝じゃないのよ~、飼い主が下手なの~。ぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。