スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと、回顧など

01-19,2013

これは何でしょう?


コスプレしたアドケタではありません。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あどけた?


はい、マクマステリ・レッドです。


うーむ。

今改めて見ると、すごい体型ですね(汗)。


どすこい!


池袋東武アクアハウスの記事を書いたので、

そこからつながるアピストの話を書きたくなりました。


初めの頃からこのブログを読んでいただいている方には、

繰り返しになってしまいますがお許しください。


ちなみに、一番初めにコメントしてくださったのは、ミムーさん

懐かしいです先輩(笑)。


マクマステリ・レッドの親子が、プライスカードも付いていない水槽に入っていました。

稚魚の成長を見たくて、たびたびお店に行きました。


まだ♂♀がわかりません、というサイズの時に2匹連れ帰りました。

次の日、死んでいないか?

水換えの後、生きてる?

ドキドキしながら育てました。


当時私はプラティやモーリー、カージナルテトラを飼っておりまして、

フレーク状や顆粒状の人工餌を与えていました。


一種類だと栄養が偏るのではないか?と推察して、

何種類か揃えていました。


ところが、アピストをやっと手に入れてエサを入れたところ、食べません。

困りました。


いろいろ買って与えてみて、食べたのが赤虫でした。

乾燥したタイプです。


食べてくれた!って嬉しくて、赤虫ばかり食べさせていたところ・・・

画像のようなお姿に(笑)。


せっかくのヒレが小さく見えるし、目がちっこいですね~。

普段見ている個体と、バランスが大違いです。



ペアと思い込んで育てていた2匹です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ぺあ


初心者恐るべし(笑)。

ちょっとでも知識があれば、どう見たって♂2匹ですね。


黄色くならないなぁ。

なんて気をもみながら、毎日見ていました。


そのうち大きい方が小さい方にフィンスプして尾びれブンブン始めましたが、

「アプローチしているんだわ♪」とワクワクしていました。



フィンスプ合戦~。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あぴたあぴこ



しかしそのアプローチは激しい攻撃に変わり、

小さい子の尾びれはボロボロに(泣)。


ここで困り果て、緊張しながらAnにお電話して・・・今に至る。

というわけです。


Rio音羽から♀ちゃんを連れて帰り、同居させませした。

このサイズ差!

メンデジィもびっくりでしょ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-父と娘?



幼い娘を見守るお父さんのようですが、

♀ちゃんがくねっとアプローチしているの図です。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-夫婦



不思議にも思えますが、巨大♂君はこのチビ♀ちゃんを全くいじめず、

とても仲良しで、産卵もしました。


水草混泳水槽で、浮上までは行きましたが稚魚は残りませんでした。

今でも残念な思いがあります。

ちょっと湿っぽい気持ちになります。


アクアハウスに残ったきょうだいたちは、あの3.11の地震で水槽が倒れ、死んでしまいました。

それを知って、絶対残す!と思ったのですが。


ダメでしたね。

仕方ありません。


ヘビー級のマクマス2匹、壮絶バトルを見せてくれました。



追って、


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-追って



見合って、


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-見合って



ガブッ、はぐはぐ!

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-がぶ



激しいと唇が取れてしまうこともあるそうですが、

そこまでは至りませんでした。


この時の2匹の美しさ、忘れられません。

戦う時に一番きらめく生き物、アピストグラマ。


これからどれほどのアピストを飼えるかわかりませんが、

初めてというのは一度きりで、やはり特別です。


この子たちですっかりアピストの虜になり、

また、これが何と言っても大きいのだけど、

Anに行くことにもなったわけですから。


アピストを通じてお友達もできたし♪

楽しい~。


主婦が、ママ友以外のお友達と出会うって、

なかなかないと思うのですよ。


縁は異なもの味なもの、と、

ベタな言葉をつぶやいてみる。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  ありがとね、いろいろね、ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

スポンサーサイト

マクマステリは、いじめっ子だったのだ

03-19,2012

初めに買ったアピストが、マクマステリ・レッドでした。

その意味では思い入れが深いです。

何もわからず、「子育てする美しい魚」を求めて買いました。


ペアのつもりが♂♂だったと言うありがちなパターンで、

8センチもあった1匹は既にこの世になく、メスだと思われていたあぴこさん6センチが健在です。

60cm水草混泳水槽の主として君臨しております。


いつも攻撃モードと言うわけではないのですが、

どうやらシシタくんが気に食わないらしく、

彼ばかり追い詰めていじめています。


シシタは最近痩せた?という指摘を頂戴しておりますが、

確かにお腹が凹んだ感じがします。



「あ、こっち見てるよ、いやだなー。」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-何でボクなの



「標的発見!なんかあいつ見ると追っかけたくなるんだよね~。ワクワク」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-なんか追っかけたくなるんだよね



「ご飯タイムなのにー。・゚・(ノД`)・゚・。」

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-やめてよー



しょんぼり(´・ω・`)


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-しょんぼり


マクマスは♀ちゃんもいじめっ子です。

標的はなんと、エリザベ!


どうも気に入らないようです。

やっかみか?



ボディアタック!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-きゃー  きゃー



エリザベちゃんも、結構気が強いです。「負けませんわよ」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-負けませんわよ  


良く見ると、目つきが怖いです、マクマス♀ちゃん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-火花バチバチ  バトル!



エリザベ♀ちゃん、追い払われました。マ「ゆっくりハミハミできるわ~♪」

エ「このままじゃ悔しいわ。」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あっち行きなさいよ  

頬赤の♂くん、騎士道精神にのっとり、レディーを助けに参上しましたよ。


「こら待て!」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-逃げる気だな  



エ「ボクが相手だよ!」  マ「あら、いいオトコ・・・」 ぽっドキドキ


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-敵討ち  



どうやらイケメン君には攻撃しないようです。

いいのか?これで?


「勝った。」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-勝った  



「美は力なのだ。」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-美は力なり  


「ボクだってきれいなのに。」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ボクだってきれいなのに  

そうよシシタくん、アナタ綺麗よ。

ちゃんと背びれ立てて、マクマスあぴこに向かって行ってごらん。


シ「でもね・・・あの体高で6センチもあるんだよ・・・ちょっとキツイよ。」


じゃあ、奥さんをいじめた報いだと思って、ちょっと我慢しなさい。


シ「そりゃないよー。でも、そういうことなの?」


反省するでしょうか。

しないでしょうね。


でもこのままだとマズイかな。

かと言って、奥様が鋭意子育て中のお家に帰しても、ひと悶着起きそうですし・・・どうしましょ。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  僕を応援してください~。ぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね

淡々と、静かに

01-19,2012

マクマステリ・レッドの横綱あぴたくん。

このところ数日、水槽の隅っこから出てきません。

ブラインタイムにも現れず、そっと、敢えて見ようとしなければ見えない場所にいます。

$アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-見辛いですが 見辛いですね。ずっとこの端っこにいます。

こちらの一番後ろ隅です ⇒ $アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-今日の60cm水槽


もう、ウチに来て1年半近くなります。

ご隠居の域です。


相方のおちびさん♀が死んでしまったのも、気落ちの原因かもしれません。

急に活力を失ったように見えます。


死を待っているんだろうな。

その時が来るのを、静かにただ待っているように見えます。


本来、死とはそういうものなのかと思います。

時が来て、地上での乗り物である肉体を脱いで、元いた世界に還る。


そう、それだけのこと。


だからジタバタアタフタしたくないです。

残った人に迷惑かけずに、きれいにスッと、にこっとして逝きたいもんだな。


「わすれられないおくりもの」のアナグマさんみたいに、

贈り物を残せていけたらいいな。


私は天国を見ているし、知っているので、

死に対する恐怖と言うのは皆無です。

落第しなければ、の話ですが。


何で天国を見たかって?

逝きかけたからですよ。


なかなかどうして、ドジも命がけです `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!


リスクが大きいので、死に掛けるのはお勧めはしませんが、あれは見る価値があります。

天国は、それはそれは美しかったですよ。

まさに神々しく、光の世界で、安心感に満ちていました。

輝く虹色でしたね。

圧倒的な光の世界。

私の還る場所はここだ!って、嬉しかったです。


でも、その後地上に戻りました。

だから今、こうしてアピストを飼ったりしているわけですね。

皆さんと絡んでね、楽しいです。

あの時逝かなくて良かったですよ。


戻ってきた時は、痛かったですねー。

あれ、なんか大変なことになった?私やっちゃった?って感じでしたね。

入院して通院して、代償はありました。

まぁ仕方ないです。

19だったかな、まだ早いぞってことだったのでしょうね。


その後は、意図的に見ることも覚えました。

三途の川も見ましたよ。

私の場合は湖でしたけど。

人それぞれ、いろいろあるみたいです。


あやしい?


ふふふ( ̄ー ̄)ニヤリ。


あの世話に興味がおありの方は、

禁煙のカフェでカプチーノをご用意いただければお話しますよ。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村 あの世はあるぞと思ったらポチ~。あります、ありますよ。
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね

ありがと、バイバイ

01-13,2012

マクマステリ・ワイルドのおちびさん♀が死んじゃった。

このところ元気なく、流木の下にいました。
多分、水槽のリセットで何度も移動させたり、環境が変わったりしたのが辛かったんだと思う。

今朝起きてすぐ、気付きました。
黙って家族を送り出し、そっと取り出します。
敢えて知らせることもない。

違うさかなみたい。
でもおちびさんだよね。
閉じさせるまぶたがないんだね、おさかなさん。

頭に浮かぶのは、卵を護って同居人を追い散らしていた姿。
大きなオスのあぴたくんにお腹を見せて甘えていたような仕草。

こらえていると、鼻の奥に塊ができたみたいで苦しい。
やっぱり涙ぽろん。

ここだけ切り取れば、アピストを飼うのって、悲しいことです。
だけど、それの何倍も何倍も、喜びをもらえます。

そう、そういうこと。
だからありがと、バイバイ。

してあげなきゃ、とまた思う。

マンションの植え込みには、ウチのさかなやらカブトムシやら、埋まっています。
管理人さんゴメンなさい。

さて、マクマスはオス2匹とメス1匹になりました。
ニューハーフ疑惑のキイロちゃんをメスとして、です。

♂2匹は、既に1歳半くらいになります。
どうしようかな。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村 アピストさんアリガト・・・のポチお願いします
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね



60センチ水槽に、マクマス2ペア

01-09,2012

元旦にリセットした60cmトニナ水槽です。
この立ち上げ日、絶対に忘れない自信がある。

まずはトーマシーを入れ、次にマクマスあぴた(横綱特大8センチ)とおちび(3.5センチ)の夫婦を入れました。
マクマスあぴた夫妻はビビリになったのか、
エーハイムのスポンジ下が定位置で、ほとんど出てきません。

あぴたくんは既に1歳半ほどになります。
もう年なんだろうか?などと考えたくなるほど、ご隠居風情で落ち着いていました。

現地では、干上がるか鳥に食べられるかで、1年ないし1年半の命だと伺いました。
こうして水槽で飼っていると、どのくらい生きられるんだろう?

リセットのために移動してもらった水槽は小さいので、
残りのマクマスあぴことキイロちゃん、さらにトーマシーも移しました。

あぴこが後はまずかったかな・・・以前、あぴたにボロボロにされています。
ちょっと様子見。
あぴたの方が先に網ですくえたため、この順番になってしまいました。

おー、あぴたくん、早速あぴこを追い回し始めました。
やはり、ライバルの存在は、生き生きと過ごす活力源のようです。

適度の刺激は若さを保つ秘訣ですね、うん。

$アピストグラマと水草と ~apistogramma and waterplants~-何しに来たー オレの縄張りに何しに来た~

$アピストグラマと水草と      apistogramma and waterplants-やんのかこら んん?やんのかこら

ソイルの色が明るくなった分、体色も薄くなりました。
あぴこ(下のマクマス)は黒すぎるので、明るいソイルのほうがきれいになるかもしれません。

$アピストグラマと水草と      apistogramma and waterplants-ライバル 昨年11月の戦い時

トーマシーは仲良く遊んでいます。
キイロちゃんを含め、となりのエリザベが気になって仕方がない様子です。

$アピストグラマと水草と      apistogramma and waterplants-おー、エリザベだ おー、エリザベだ!セレブだぞー

アピストは1ペアで飼うのが基本のようですが、
複数ペアが入っていると面白いですね。

アピスト同士のやり取り、見ていて本当に飽きません。
ますます水槽前の滞在時間が増えてしまいます。


★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ ★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚


今日の宿題レポート:トニナ・エリザベ水槽pH測定

9:00  5.6

換水 5リットルにpH/KHマイナス2cc

9:20  4.2
10:30  4.6
11:30  4.7
14:00  5.0
18:00  5.1

$アピストグラマと水草と      apistogramma and waterplants-トニナ 近くで見ても遠くから見てもきれい、トニナ


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村 コメ大歓迎です~。ぽちっとしてね
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。