スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいAn

04-10,2013

久々にAnに行きました。

いっぱいアピスト。

きれいなアピスト。


やっぱり楽しい。

見ているとニコニコしてきます。


ちゃんと、お師匠様に手土産持参です。

これ。

育ち過ぎフライングフォックス(笑)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-フォックス~


大きい方が髭ゴケはよく食べるそうですが、

アピスト押しのけるようにブラインもすごく食べるし、

何より気が強くてアピストにアタックするので困ります。

結構威張りんぼなんですよね、フォックス君。


あとですくいやすいように、この水槽にまとめて出掛けたところ、

ひどい藍藻がすっかりきれいになっていました。

3日間ブラインなしだったからね、食べてくれたのね~。


お店のボレリィ・オパールがとてもきれいでした。

紫がかったブルーのボディに黄色いヒレ、ほっぺは赤い点々。


この子なら、家族受けが良いのではないかと思います。

フナっ子じゃない(笑)。

分かりやすくきれいで可愛いです。


バエンスヒと書かれた水槽に入っていた、ちっともバエンスヒじゃないアガシジィも素敵でした。

ちょっと変わった色合い・・・パステルカラーのメタリック、魅力的です。


そしてそして、ヤワウィーラのエリザベ!

文句なし美しい。

ヤワウィーラって、どんな所なんでしょう。


カンディディもいいね、やっぱりいいね。

こんなお魚たちが自生している地で、泳ぐ姿を見てみたいものです。


でもね、自宅で目の前で見ていられるって、とても贅沢なことだと思うんですよね。

有難くも幸せなことだと思うのですよね。


ウチのおチビボレリィ、早く育たないかな~。

そろそろ個体差が見えてきて、頬のブルメタが強い子に期待しちゃいます。

美しかったお父さんを彷彿とさせる子よ、出でよ!


ボレリィの水槽には、大事なエキノドルス(from梨乃のパパさん)が植わっています。

高級水草で特別扱いなのに、クルズィ・パラレルが抜いてしまうので困っていました。


お師匠様に相談すると、即答ですごいお答え:


「抜かれるのが一番困る。根が張れない。

クルズィ捨てなさい( ̄ー ̄)」。


え。

あの、捨てるって(汗)。


捨て猫、捨て犬、小学生の頃にたくさん見ました。

公園の段ボール箱から漏れ聞こえる小さな鳴き声。

放っておけず、もれなく持ち帰っては親を困らせましたねぇ。


捨てアピストってわけにもいかず、やんちゃなパラレルくんは、お引っ越しです。

水槽事情により、合わない低pHでゴメンね。

色が悪くなってしまうかな。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-威張る


でも元気で、盛んにお隣を気にして突進しています。

向こうにはトリファがいるんだけど、あちらは無視(笑)。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-気になる


こちらは低pH好き、カンディディお母さん。

トニナの隙間でふわんふわんしています。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-母


伸びすぎトニナですが、総量としてはまだ多くないとのことです。

ただトリミングせよと。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-トニナ


で、エキノですが、どうやら新芽が出ています。

良かった~。

もう抜かれる心配もない、多分。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-新芽


ラージパールも植えました。

とても簡単だそうです。


気泡のボールを捧げ持っているみたい。

可愛いな絨毯になってくれるかしらん。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-捧げ持つ


あら抜けてる・・・浮かぶラージパール。

パラレルいないのに?
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-抜けてる


ハハン、さてはコイツの仕業ね。

容疑者フライングフォックス。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-容疑者


抜くなよ~、緑のじゅうたん、ずっと憧れていたんですから。

トニナ水槽はグロッソで敷き詰めるし、ミクロソ水槽はラージパールです。


肥料が必要だそうですが、今日水換えしつつ、プロホースで耕しました。

パワーサンドのパワーを蘇らせる技だそうです。

まだ力が残っていることを願う。


ここからおまけ。

本日の、ビンデン母子です。

ぴよぴよ。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ビンデン母子


お父ちゃんはブルメタが良い!

暗い中で遠くから見ても、キラキラしているのです。

イケてる

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ブルメタ


背びれも立てて見せてよ~。

ほんの一瞬、立てた。

ピン甘・・・。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ピン甘


おまけのおまけ:超地味なエリザベくん(笑)。

こう見えて♂ですよこの子(笑)。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-超地味

♀、♀・・・と思いながらすくって、いつしか尾びれがライヤーになってきちゃったわけです。

同じ水槽にいる♀より地味かも~。


それでも可愛い、ウチの子。

ヒレにほんのり入った赤みが上品じゃないのねぇ?


うひょひょ。物は言いようだね~。

冷やかす同居魚たちです。

ハニー変な顔~。

右下の子はきれいです。
アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-冷やかし


エリザベが産まないのは、例によって、

「水が悪い」そうです。

はい。その通りです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ 手を入れるのも、待つのもアリですって。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ペタしてね
スポンサーサイト

パラレルは独房へ。トーマシーはアドケタ水槽へ。

11-16,2012

当て馬になって♀ちゃんへの攻撃が緩和されると良いな、と思って投入したトーマシーですが。

パラレル♂ ⇒ トーマシー : ほとんど無視。

パラレル♀ ⇒ トーマシー : トーマシーの方が強くてダメ(^_^;)


DV夫と一緒になって♀ちゃんを突いているので、

トーマシーはアドケタ水槽に移動させました。

今度はいい感じに追われています。


そしてクルズィ・パラレル♂君の暴君っぷりはとどまるところを知らずエスカレートし、

ついに♀ちゃんが黒い状態でふらふら泳ぐ感じになってきました。


危険信号と感じたので、♂君は独房行き決定です。

このままにしておくと、多分奥様は死にます。


全く平気な顔。

もう慣れたもんさ、って感じです。

ちょっとは懲りてくれ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-独房


こちらアドケタ水槽です。

大きい子が3センチくらいになりました。

ブラインタイムには、柄がくっきりと出ます。

早速トーマシーを追いかけています。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-追う


後ろでぼやけているのが、きょうだい。

こちらは2センチくらいです。


大人のアドケタは迫力たっぷりですが、

この子たちはまだあどけなく幼く、可愛らしいです。

どんな大人になるのかな、♂かな♀かな。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-3センチ


もう1匹、ベリースライダーのべりちゃんがいますが、

どうしてもいじめられるので別水槽にいます。


ブラインを突くと邪魔されるため、大きくなれませんでした。

まだ1.5センチあるかないか、です。


特に2番目に大きい子が攻撃していましたね。

お魚の世界は力が正義、シビアです。


べりちゃん、のびのびして嬉しそうです。

基本底床にくっついていますけど、時々水面を目指して泳ぐ姿が見られます。


すごく力いっぱいって感じ。

健気で、ちょっと切ない光景です。


普通に泳げるようになるといいね。

今のままでも萌え~♪で可愛いから、私はどちらでも構わないんだけど。


実は、アドケタ水槽にはもう1匹の当てが入っています。


そして、この子はめちゃくちゃ強い。

3センチほどの小さな体ですが、とにかく気が強い!

アドケタをすっ飛ばします。


誰かと申しますと、こちらです。

ノーベルティー♀ちゃん(未亡人)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-強い


旦那さんは不良で気が荒くてきれいでした。

♀ちゃんがくねくね誘っても、攻撃するばかりでダメだったっけな。

死んじゃいましたけど。


残った♀ちゃんは元気です。

いろいろな水槽に入って、どこに行っても一番威張る。


とにかく強い!

母は強し、ならわかりますが、母でもないのに最強です。


見た目はおチビで可愛いんですけど。

これで大柄だったらエライことになってるな。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-とても強い


パラ♂くんと二人っきりにしてみたら面白いかしらん。

どっちが強いかな?


ちょっと悪趣味な発想でした。

止めておきます。


すぐに元気を取り戻し、色も取り戻したパラ♀ちゃんです。

笑顔!

本当に笑っているように見えるのが面白いなぁ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-一生独房で


さっきまで真っ黒けだったのにね。

ちょっと痩せちゃったかな、辛かったのね。

しばらくゆっくり食べてね。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-元気


次は、抱卵を確認できるまで、♂君には独房暮らしをしてもらおうかしらん。

もう何度も抜き差ししていますが進展がないので。


正妻さんと側室さん、どちらが先にふっくらするでしょうか。

こういうのも楽しいです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  次に産みそうなのは、またカンディディです。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

追跡:その後のヒドラとクルズィ・パラレル

11-15,2012

まず、カンディディ水槽に現れた招かれざる客、ヒドラの続報です。

今日はどうかな?


わわ、巨大ヒドラ!?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-巨大ヒドラ?


嘘です。

グロッソの根っこです。

なーんだ。


しかし、なぜに根っこが上に向かっているんだろう・・・。

おかしいですね。


ハニードワーフを3匹投入、昨日水換えもしたため、目視ではヒドラの存在は確認できていません。

とりあえずいなくなりました。

ほっと一息。


ですが、消えたわけではありません。

必ずいるのです。

見えないだけで。


たとえ水槽内にいなくても、エーハイム2411の中に潜んでいるのです。

R2-D2に似ているので、私はこのフィルターが結構好きなんですが。


内部を洗って乾かすか何かしない限り、

除去はできないのだそうです。


対策としては、ハニーちゃんが良いようです。

今後は、カンディディの産卵があっても抜きません。はい。


薬品はあるとのことですが、バクテリアまで殲滅してしまうとのことで、

あまり使いたくはないですね。


生物兵器が好きです。

お薬はなるべく避けたい。


こちら、ハニーズ。

上でピンボケなのが、ゴールデン・ハニー・ドワーフです。

人工的に改良した種で、とっても色鮮やか、大柄です。

下2匹はワイルドのハニーです。

その下にちらっとキャンディちゃん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-派手


色が地味なのは多分♀ちゃん。

すごく可愛らしいお顔だと思います。

小さな口が、目より上についているのが特徴。

いい色だなぁ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ワイルドハニー


こちらは♂くんです。

すごくきれいです!

興奮すると、顎の下が真っ黒になります。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♂


ゴールデンもワイルドも、ヒドラには効果的だそうです。

この水槽は60センチスリムタイプですが、3匹は要るだろうとのことでした。

(by 音羽のお師匠様)


師匠にはまた笑われましたけど。

フィルターが2411だと言ったら、「わはははは~!」ってそれは嬉しそうでした。


カンディディの産卵の際にハニーを抜いた時点で、笑われました。

見ていられなかった人がいる、ってことで。

初回は様子見、と何度も教わっているのですけれど。


師匠は、稚魚が消えるのは容認なんですよね。

次があるからってことなのです。


消えたら次。

それだけ。


私は目の前の稚魚が惜しい。

その辺がまだ割り切れない、越えられない、一つの壁だなぁ。

結果が早く欲しいというのは、焦りなんですけどね。


でも、稚魚が惜しくて動いて、ボレリィ王様を落としたんだよね・・・。

極美のエースだったのに。


そんなことも思い出しました。

何を取って何を捨てるか。

人生は取捨選択。


アピストから人生に、思考は飛ぶ。

飼育はいろいろ考えさせてくれて飽きません。


帰宅した夫が玄関の水槽前で「きれいだねー」と言います。

そうでしょ、いいでしょ、きれいでしょ?癒されるでしょ~?

私はいい奥さんね!


そうだねぇ、いい奥さんだねぇ、と苦笑いしておりましたよ。

ふふふ。


そしてパラレルさんです。

♀ちゃんたちは、相変わらずやっつけられて黒いです。


オクサマーズ、2匹とも退避中。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-隠れる


覗きに来た♂くんです。

「やぁお嬢ちゃんたち♪来たよ」


思わずのけぞる、真っ黒顔の♀ちゃん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-覗く♂


中に入っちゃうし・・・。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-わーい


追い出してスマイル♪

ポーズ決めてる場合じゃないでしょ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♪


もう勘弁して~~。

助けを求めに来た♀ちゃんです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-かんべんして


これ絶対、にまっと笑ってる。

口元が含み笑いしている。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-かわいい


やんちゃが過ぎる気もしますが、可愛いなぁ。

♀ちゃんにはちょっとゴメンだけど。


もっとDVがひどくなったら、独房に隔離します。

でも懲りないんですよね~、このお方。


アタックを緩和するため、チビサイズのトーマシーを1匹入れてみました。

パワーバランスが変わるので、これでまた様子を見てみます。


こうやっていろいろやるのが、面白いところ。

ハマリ度MAX、アピスト飼育。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  そうよ抜けられないのよ~。でしょ?ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

こちら、クルズィ・パラレル家より中継です。

11-14,2012

♀ちゃん同士で噛みつき合いのバトルを演じたパラレルさんご家族です。

その後の展開はいかなることに?


まず、昨日の点灯時は、♂くん真ん中に位置取り。

♀ちゃん2匹は真っ黒けで退避していました。

状況はあまり変わっていないようです。


ブラインタイムの♂君です。

「俺様最強~」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-俺様



「やぁ、お嬢さんたち。

今日もイケてる俺が来ましたよ」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-お嬢さんたち



♀ちゃんそれぞれ好みの逃げ場所があるらしく、正妻さんはパイプ付近に行きます。

これはオーソドックスな避難場所ですね。

大抵のアピ♀さんは、フィルターパイプ後ろに逃げます。


「DV反対!」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-DV反対



後から来た側室さんは、さすがに同じ場所には行けないのもあってか、

流木下に潜り込むようです。

真っ黒けで流木の色と同化してしまい、カメラを向けてもAF機能せず(笑)。


「連れてこられて殴られて・・・ワタシ不遇だわ」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-なぜこんなことに



おやおや、♂君は側室さんに寄って行きましたよ。

「ふふん♪待った~?」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-♪



「チューしちゃおうかな?」


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ちゅー



「どう、ボクって最高でしょ。

見てよこの色!写真下手だけどさ。

もっとうまく撮れよな~。」


すみません…精進します(泣)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-いけてる?



旦那さんが側室さんにフルフルする様子を目の当たりにして、

正妻のプライドを粉砕された奥様、お怒りのご様子です。


「ちょっとアナタ!出てきなさいよ!

ワタシが妻なんですからね!」


ぶんぶん。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-ワタシが妻よ



というわけで、今日も観察続行です。

アピスト面白い~。


ヒドラ水槽(じゃありません、カンディディ水槽ですね)には、ハニーを2匹追加投入しました。

ワイルド♀ちゃんと、ゴールデン性別不明の子です。


ヒドラ消えてくださいな(-∧-)。



にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ   このところバナーにしか出番がない~。ぽちぽち。
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

クルズィ・パラレル。やはり鬼嫁は健在だったのだ。

11-13,2012

矢継ぎ早に記事をアップしていますが、

このところ二つの水槽で動きが激しく、目が離せない状況です。

タエニアカラ・カンディディと、タイトルのパラレルです。


カラフルキャンディーちゃん、カンディディはこちら ⇒ カンディディ、動きあり。


孵化した稚魚が消えたか否か、ハラハラしています。


そしてこちらパラレルさん、♂1♀2の三角関係、顛末はいかに?

結構強烈なことになっています。


今まだ暗いので、水槽内はどうなっているか不明です。

午後の点灯が怖い・・・イヤ楽しみでもある、やはり怖いか。


だってね、これだもの。


     ↓


尾びれ裂かれたらしき正妻さん、えらぶた大いに広げて側室さんをにらみつけています。

かなり来てます、怒りパワーMAX!


「よくもやってくれたわね、ぷんすかぷんすか」。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-プンすか


正面から真っ向勝負。

「受けて立つわよ」。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-にらみ合い


がぶっ!

おっと、噛みついたぁ!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-んぐんぐ


んぐんぐ~。

女の戦いは怖いです~。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-がぶ


「後から来て生意気なのよ!」

主張する正妻さんです。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-生意気よ


どうします、この顔。

あなた女の子でしょ~(^_^;)?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-かお


「文句あって?」

きゃー、私にまで迫らないで(怖)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-あっぷ


基本傍観、時々参戦してちょっかいを出す♂くん。

「わーい、二人ともイケイケ~」。

無責任に嬉しそうだ。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-時々参戦


お隣から見ているアドケタ坊ちゃん(か、お嬢ちゃんか不明ですが)。

「女のヒトって怖いなぁ」

言っておきますけど、あなたのお母様はもっと凶悪ですわよ(笑)。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-こわいなー


何度も噛みつく!


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-かじかじ


咆哮する!

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-咆哮


正面顔です。

アピストじゃないよこれ・・・。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-正面

後ろ向いて参戦する旦那さん。

とりあえず広げてはいます。

妙に可愛らしく見えてしまうのは気のせいかしら。


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-そっぽ


側室さん、旗色悪し。

ああボロイ・・・かわいそ(泣)。

アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-側室


オンナの戦いが一段落した後、♂くんも広げました。

「こっちにしよっと」。

ってこと?


アピストグラマと水草と      apistogrammas and waterplants-アプローチ


ふぅ。


私も目を見開いて水槽前に張り付いてしまいました。

動画も撮ろうかと思ったけど、カメラ取りに行く時間がもったいなくて止めた。


あまりひどかったら離そうと思いましたが、

噛じり合い後の唇を見ても、白くなっていないんですよね。

そこはやはりご婦人、噛みつき方にも品がある?のかなぁ。


マクマス♂同士が噛みつき合いをした時は、唇腫れて変色しましたからね。

取れはしませんでしたけど、ひどいと取れちゃうらしいです。


しかしすごいですわ。

これは、♂くんを巡っての争いなんでしょうか。

正妻の座をかけて!ってこと?


いやはや、私は人間で良かったです、はい。


今日の点灯後、状況やいかに。

出かけられない。

冷蔵庫がスカスカだ(笑)。


にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ  
にほんブログ村  
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

読者登録してね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。